無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

明日から!
桐山side


俺らは今日ちょうど仕事がみんなお休みで


入学式から帰ってきたあなたとママを家に招いて


思い出話に花を咲かせております。笑
神山智洋
俺らが引っ越してきたばっかりのときは
目合わしてくれたらええ方やったなぁ
小瀧望
手振ったらママの後ろ
隠れとったもんな!笑
ママ
大人への人見知りすごかったからなぁ笑
あなた

全然覚えてないわ~笑

中間淳太
今は人見知りなくなったん?
ママ
まだちょっとあるかも…!
濵田崇裕
初めて喋ったのいつやったっけ?
桐山照史
ママとあなたが公園で
遊んどったときちゃう?
藤井流星
ああ~
一緒にバスケしたなぁ
重岡大毅
淳太がひどかったやつや笑
中間淳太
それ言わんでええやんか!
小瀧望
でもほんまにひどかった笑
神山智洋
そっから話してくれるように
なったよなぁ
桐山照史
淳太くんなんか手振ってもらったら
もうニヤケまくりやったで笑
重岡大毅
俺、1回めっちゃ
自慢されたん覚えてるわ~笑
藤井流星
望も初めてあなたを抱っこしたときに
めっちゃ俺に言ってったわ笑
小瀧望
ああー!
流星に言った言った!
あなた

そんなことあったっけ?

濵田崇裕
あったで~
中間淳太
そういえば、中学生も放課後預かって
くれたりするん?
ママ
ううん、ないで!
桐山照史
じゃああなたどうするん?
ママ
1人でお留守番かなあ?
あなた

えええええ!
無理無理!

ママ
だって仕方ないやろ~?
あなた

でも、、、

ママ
お願い!!
ママも早く帰ってこれるように
するから!
あなた

じゃあ遅い日はどうするん?

ママ
夜ご飯作っとくから
チンして食べて?
あなた

1人で夜ご飯とか無理!

ママ
ママ仕事やもん~、、、
濵田崇裕
待て待て待て!
桐山照史
どしたん?笑
濵田崇裕
俺はあなたが1人で留守番は反対や!
小瀧望
はーい!!!
俺も!!
この2人、急にどうしたん!?笑


さっきまであなたの小ちゃい頃の


写真見よったやんか。笑


まあ、正直言うと、


俺ら全員反対やとは思うんやけどな。笑


中学生っていったって夜に1人ってなると


やっぱり危ないやん?
神山智洋
ならさ、ここに帰ってきたら
えんちゃう?
藤井流星
どゆこと?
神山智洋
ママが仕事終わるまでこっちおって、
桐山照史
うんうん
神山智洋
夜遅くなる日は夜ご飯一緒に
食べたらええやん!
重岡大毅
神ちゃん天才や!
小瀧望
それでいこう!
ママ
いや、みんなに悪いわ!
土日以外は毎日やねんで?
濵田崇裕
平気平気!
中間淳太
俺らも平日は朝からの仕事が多いから
あなたが帰ってくるくらいにはおるしね
桐山照史
全員でおらんってなかなかないから!
神山智洋
全員一緒なんは
基本土日やしなぁ
重岡大毅
だからいける!
ママ
じゃあお願いする…?
あなた

ええん!?

ママ
う~ん、、((汗
藤井流星
ママもあなたが俺らとおったら
安心やろ?
ママ
そやなぁ…

じゃあお願いしてもいい?
JW
うんうんうん!
小瀧望
明日からあなたは
こっちに帰ってくるんやで!
あなた

やった!みんなありがとう!

ってことで、明日から


あなたは我が家に帰ってくることに!!


騒がしくなりそうやわ!笑




とりあえず、あなたが好きなお菓子


ストックしとこ。←