無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

教えてください!
中間side
中間淳太
で、ここは分かる?
あなた

え、う–んと…

もう寝とんちゃう?笑


頑張って待っとってくれたんやろなあ。


さっきから首こっくりこっくりなっとるし。笑
中間淳太
あなた?
もう終わる?
あなた

でも、まだあるし…

中間淳太
明日にせ~へん?
もう寝たほうがええで?
あなた

わかった、
そうする~

中間淳太
よう頑張ったなあ
そういいながら頭撫でとったらもう寝てもた。


ほんまに眠かったんやろなあ。


かわいい寝顔して。笑


ーーーーーーーーーーー
桐山照史
お、淳太くんどないしたん?
中間淳太
今日はもう終わりにしたねん
濵田崇裕
あなたは?
中間淳太
頭撫でとったら寝てもたわ
だからちょっと送ってくる~
小瀧望
じゃあ俺もついていく!
神山智洋
のんちゃんドア開けたって~
小瀧望
わかった!




ダイニングテーブルに戻って


ペンを握ったままのあなたを抱っこしに行った。


では、俺はあなたを家まで送りに行きますか!







ピンポーン


ガチャ
ママ
はーい
小瀧望
あなた送りに来た!
ママ
こんな遅い時間までごめんなぁ((汗
中間淳太
大丈夫やで!
ママ
ありがとう!
うわ、あなた寝とるし!笑
小瀧望
あなためっちゃ頑張ったしな!
中間淳太
部屋まで運ぼっか?
ママ
お願いしてもいい?
中間淳太
うん!





・・・・・・・・
中間淳太
よいしょっと…
あなた

(スースー

小瀧望
頑張ったなぁ
そう言ってのんちゃんは


ベッドで寝とるあなたのおでこに


キスしとった。



ほんまよう頑張ったで。


眠かったやろうに。





そのあと俺もおでこにキスして家に帰った。