無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第81話

課題は早めにしましょう。
中間side
冬休みも終わり、あなたは学校に行きだしたみたい。


で、今日は帰ってくるなりカバンから


筆記用具を取り出して、机に向かっとる。


大抵帰ってきたらすぐに、


しげとかのんちゃんとかと遊ぶか、


流星と昼寝するか、


照史とおやつ食べるか、


濵ちゃんに今日会ったことを話すか、


神ちゃんと楽器しとるかのどれか。


んで、それが終わったら俺と宿題したりとかやのに、


珍しくあなたさん、一目散に勉強を始めました。



明日は槍でも降るんかな?←
重岡大毅
あなたー、なんで今日は先に
勉強するんー?
あなた

んー、ちょっと思いついたことがあって、


ちょっと濁したように言うあなた。
小瀧望
なになにー?
教えてや~
あなた

んー、お楽しみがええかな!

小瀧望
じゃあ終わったら見せてな!
あなた

うん!


って、2人と会話しながらペンを進めとる。


よっぽどええ事思いついたみたいやわ。笑


まあ、そっと見守っときましょか!









ー数日後ー



🚪ガチャ
神山智洋
おかえりー!
あなた

ただいま!

藤井流星
あなた~、テレビ見いひん?
あなた

んー、あとで!

桐山照史
じゃあクッキー食べへん?
甘いもの食べな頭回らへんし!
あなた

そやな!
食べる食べるー!



って美味しそうにクッキーを頬張っております。笑


そうなんです。


最近あなたは帰ってきてから、


遊ぶことなくペンとメモ帳を握りしめとるんよ。





しかも!!


もっとおかしいのが!
あなた

濵ちゃんどこ行くん?

濵田崇裕
ん、トイレやけど
あなた

ついていっていい?

重岡大毅
ついていってなにすんねん笑
あなた

ドアの前で待っとく、

神山智洋
濵ちゃん子供やないんやから笑
濵田崇裕
すぐ戻ってくるから待っといて笑
あなた

…わかった!



いつも以上に濵ちゃんにベッタリ!!


あの日からなんかある度、濵ちゃんにくっついとる。



前からあなたと濵ちゃんは仲良いから


(まあ"俺を含め"みんな仲良いけど!!)←


別におかしいことやないんやけど、


なんかずっと濵ちゃんにひっついとるねん!


今だってトイレついていくって言うとるし!


ドアの前で待っとくならリビングおればええやん?




なんで濵ちゃんなーん!!


俺やったらクッキー死ぬほど買ったるで?←






【速報】

中間、濵田に妬いてます。