無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

決めた!
中間side
あなたはあれからいろいろ


仮入部しとるらしいんやけど、


まだ決められてへんみたいやわ。


明日提出するっていう入部届とにらめっこしとる。笑
濵田崇裕
なんも入らへんのもありちゃう?
重岡大毅
淳太にイタズラし放題やで!
中間淳太
させへんわ!
桐山照史
ママはなんて言うとん?
あなた

好きにしいって言われた~

小瀧望
1番困るやつやん!
あなた

そうやねん!

神山智洋
なになに仮入部してきたん?
あなた

バスケ、吹奏楽、料理!

濵田崇裕
結構行ったんやなぁ
あなた

全部楽しかったで!

藤井流星
料理できるってええよな
小瀧望
俺な、朝に野菜切っとる音で起きたい!
中間淳太
どんだけ音でかいねん笑
小瀧望
そ–ゆ–ことちゃうやん!
桐山照史
ご飯できたよって言われたら
飛んで行くわ!
濵田崇裕
食う気満々やん笑
重岡大毅
よっ、親方ー!
桐山照史
親方ちゃう!
あなた

あなた、料理部にする!

なんか、急に決まったみたい。笑


さっきまであれほど悩んどったのに


もう書き始めとる。笑
あなた

みんなに作ったるから!

なるほど。笑


俺らの会話に影響されたみたいやわ。笑
神山智洋
でも、包丁持てるん?
あなた

混ぜて焼くだけやから大丈夫!

小瀧望
じゃあのんちゃんに美味しいやつ
いっぱい作ってなあ♡
あなた

ええで!
楽しみにしといて!

望はそういいながらあなたの頭撫でとる。


ほんまにベタ惚れやな。笑


あなたもめっちゃやる気満々みたいやし。


俺にもなんか作ってほしいわ!