無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第73話

まさかの遭遇…?
濵田side

やっとあなたとその人(あなたが言うには流星)に



追いついた。


に、しても。


いつまであなたのこと抱っこしとく気やねん!!

濵田崇裕
その子の連れですけど、
離れてもらえます?
小瀧望
あなたもこっちおいで!

全然気付かへんから真後ろまで行って


言うたったわ!←


そんで。その人は、


あなたを抱っこしたまま!


あなたを抱っこしたまま!←大事やから2回!笑


ようやく振り返った。











藤井流星
おお~!
濵ちゃんと望と来とったんや~

え、流星やん。


なんでおるん!?



小瀧望
流星地元の友達と
遊ぶんちゃうかったん?
藤井流星
そやで~
小瀧望
どこにおるん?
藤井流星
もう帰ったで

で、俺もそろそろ帰ろか思ったら
あなたの声したからびっくりしたわ笑
あなた

めっちゃおっきい声だしたわ!笑

濵田崇裕
あなたよう分かったな!
あなた

当たり前やん~!

藤井流星
俺のこと大好きやもんな!
あなた

うん!

藤井流星
俺もやで!


うっわー。


流星デレデレやん。笑


イチャイチャしやがってー!
小瀧望
俺は?
なああなた、俺は?
あなた

うん、すきすき。(棒)

小瀧望
ちょいちょいちょい~!!
あなた

嘘やって笑
大好き大好き!

小瀧望
ふふ(嬉)


こっちもこっちでデレデレやんけ!笑


あなたも相変わらず望にはツンデレやわぁ。笑




濵田崇裕
で、流星は今からどうするん?
藤井流星
ああ~
どうしよ
あなた

なにで来たん?

藤井流星
友達の車で来て
帰りはバスとかよかなと思って
小瀧望
じゃあ一緒に帰ろ!
藤井流星
運転誰がするん?
濵田崇裕
俺!
藤井流星
じゃあ頼もかなぁ
小瀧望
帰る家一緒やしな!
あなた

じゃあもう帰るん?

濵田崇裕
もうちょい遊んでから帰ろか!











それからはというと。


スノボして、


雪合戦して、


ちっちゃい雪だるま作ったり、


その雪だるま用のかまくらも作ったんよ。


あ、そーそー。


雪だるまは俺らをモデルにして作ってくれたねん!




淳太のは口のとこにどんぐりつけて。


俺のはちょっとなで肩で。


照史のはガタイしっかり目で。


しげのは眉毛のとこに木つけて。


神ちゃんのはみんなのよりちっちゃめで。


流星のは若干右の口角上げて。


望のは1番おっきくて。



一目で誰か分かるわ。笑


あ、もちろんしっかり写真にもおさめましたよ?


みんなには家に帰ってから見せることに。


見たときのみんなの顔見たいしな!




結局あなたが来る前にしたいって


言うとったこと全部出来てよかったわ!




ーーーーーーーーーーーーー
In車

濵田崇裕
じゃあ出発しま~す
あなた

お願いしま~す

小瀧望
今度は全員で来たいな!
藤井流星
ええやんええやん
小瀧望
でも淳太できひんかもな…笑
濵田崇裕
そ~かもしれへんな笑
小瀧望
まあ雪合戦くらいはできるか!←
藤井流星
なあなあ
濵田崇裕
ん?
藤井流星
あなた寝た


ミラー越しに見ると流星にもたれかかって


寝とるあなたが。


あんだけ遊んだら、そら眠たなるわな。笑

小瀧望
俺の方にも頭傾けてほしいわぁ…
藤井流星
ええやろ(ドヤ
小瀧望
あなたの頭こっちにしてええ?
藤井流星
あなた起きてまうやん笑

あなたは後部座席の真ん中に座ってるんですよ。


で、右側におる流星の方に頭傾けてて、


望はあなたの左側におるんやけど、


さっきからほっぺたつついてニヤニヤしとるわ。笑

濵田崇裕
のんすけ、あなた起きてまうから
そっとしときぃ
小瀧望
へーい、






濵田崇裕
そういえばみんなに帰るって
言うたっけ?


・・・。


あれ、聞こえてへんのやろか?
濵田崇裕
おーい、
流星?望?


なかなか返事が返ってこおへんから


ミラー越しに後ろ見たら、


2人ともあなたの方にもたれかかって、


思いっきり寝とるし!


こどもか!!


あなたもでっかい2人にもたれかかられて


重たないんか?笑


まあ、気持ち良さそうに寝とるしえっか。







それから家に着くまで3人ともぐっすり


寝てました。笑