無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

杞憂する彼ら
神山side


あなたが帰ってくる時間が近づいてきた。


みんな1分おきくらいに時計を見ては


そわそわしとる。笑

ピンポーン



帰ってきたかな?
濵田崇裕
はあい
あなた

あなた!

濵田崇裕
入ってき!
あなた

うんー!

小瀧望
淳太ちゃんと聞いてよ!
中間淳太
分かっとるって!
🚪ガチャ
あなた

お邪魔しますー!

桐山照史
おかえり!
あなた

ただいま!

中間淳太
なああなた、あのさ
あなた

ごめん、後ででいい?
友達と約束しとるねん!

JW
・・・。
あなた

智くん、鍵どこ~?

神山智洋
、、玄関あるで!
あなた

暗くなる前に帰る!
いってきますー!

ドタドタドタ


🚪ガチャ
JW
・・・。
藤井流星
、え?
小瀧望
今あなたなんつった?
神山智洋
友達と約束がある
って俺は聞こえた…笑
濵田崇裕
ほらなぁ?
言うたやろ?
桐山照史
よかったわ、ほんま!
中間淳太
帰ってきたらなんて言お…
濵田崇裕
なんとでもなるやん!
中間淳太
ってか誰が言い出したんやった?
重岡大毅
・・・・
JW
(ー重岡)
しげぇぇええ!
重岡大毅
ごめんて!!


もうしげったら…。笑




まあなんやかんや言うてみんな心配しとったんは、


確かなんやけどね。


だってあなたのこと大好きやもん。


今日は特にしげが心配しとったな~。笑


本人は平常心保っとったつもりみたいやったけど、


みんなに全然ウザ絡みせ~へんかったし。笑


淳太にもやで?


分かりやすすぎるわ!


まあ結局俺らの心配は杞憂やったようで


安心安心!!


帰ってきたら友達となにして


遊んだか教えてもらおかな…!!