無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

イタズラ!
神山side
あなた

なあなあ、淳にぃ~?

中間淳太
ん?
あなた

はいっ!

中間淳太
うっわ!
重岡大毅
(アヒャヒャヒャヒャヒャ
あなた

(キャハハハハハ

しげとあなたがお腹抱えて笑ろております。笑


最近この光景多いんですよ。


今回はなにがあったかっていうとね……



ー数分前ー
撮り溜めてた番組を見てると


あなたが俺の方にやってきた。


ってことで見ていた番組を一時停止にして


聞く体制を整えた。
あなた

500mlのペットボトルってある?

神山智洋
冷蔵庫あるで~
なに飲む?
あなた

なんも飲まへん!
ちょっと使いたいねん!

神山智洋
そ~なん?
じゃあこれでいい?
キッチンに行ってパッと見渡したら


ちょうど、洗い終わって


反対に向けてあるペットボトルを見つけたから


それを渡した。
あなた

うん!ありがとう!

神山智洋
なにに使うん?
あなた

ん~、実験?

そう言ってしげの方へ走っていった。


実験…?


理科の課題やろか?


いやいや、夏休みちゃうしそれはさすがにないか。
あなた

大ちゃん、大ちゃん!
智くんからもらってったで!

重岡大毅
よし!
準備できたな!
あなた

で、なにすんの?

重岡大毅
えっとな、コソコソ
あなた

うんうん

重岡大毅
で、コソコソ
あなた

わかった!

なんか企んだるな。笑


リモコンを取って再生しようとした手を止めて


2人をちょっと見とくことに。


なにをするんやろか?




お、淳太の方に行きました!
あなた

なあなあ、淳にぃ!

中間淳太
ん?
あなた

はいっ!

中間淳太
うっわ!
重岡大毅
(アヒャヒャヒャヒャヒャ
あなた

(キャハハハハハ


ーーーーーーーーー


で、今に至るわけなんよ。



ちなみにあなたがなにをしたかって言うとね、


1.あなたが淳太を呼ぶ。


2.淳太が振り返る。


3.あなたがペットボトルを投げる。


4.淳太がびっくりする。←


これが実験の正体みたいやわ。笑
中間淳太
いきなりなに!?
あなた

大ちゃんがな、
淳にぃにいきなり物投げたら
脚ガックガクさせて
取れへんって言うから確かめたねん!

重岡大毅
ほんまやったやろ?
あなた

うんうん!


なるほど。


まあ、確かに実験やな!笑


しかもほんまに取れてへんし。笑
あなた

次なにする?

重岡大毅
んー、次は…
中間淳太
もうせんでええって!
あなた

ええー。

中間淳太
ええー。じゃない!







それからも昆虫のおもちゃとかを使って


淳太にイタズラをしているようで。笑
中間淳太
うわあああああーー!!!
重岡大毅
(アヒャヒャヒャヒャヒャ
あなた

(キャハハハハハ

淳太の叫び声のあとに


しげとあなたの笑い声が響いとる。笑


中間淳太
こら!
しげー!
あなたー!


何回怒られても懲りてへんし、


いつか本気で怒られるんとちゃう?笑