無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第82話

課題は早めにしましょう。
中間side
あれから数日経ちました。


今日もあなたは学校から帰ってきて


例のやつの作業に取り掛かっとる。



あれを始めてからもう2週間も経っとるから、


前に「見せて」って言うたら、


「完成してから!」って言われてもたねん。


だからもうちょっと我慢せなあかん。


ちょっと残念…。


で、そろそろ完成に向かっとるのか


清書するからって誰も見れへんように


和室にこもりっぱなし。


ってことで、さすがにみんな寂しさで満載。笑





ほら、今だって。
小瀧望
はまちゃ、はまちゃ
のんちゃんは濵ちゃんで寂しさ埋めようとしとるし、

重岡大毅
なぁー、じゅーんーたー

しげは用もないのに呼んでくる。笑
中間淳太
んん?

そのくせ、返事したら無視するっていう。笑


どんだけかまちょやねん!


で、あなたがベッタベタやった濵ちゃんも、


最近は構ってもらえへんくなって、


いつもの倍くらい肩がなでております。笑


藤井流星
あなたまだなん?
神山智洋
まだっぽいなぁ…
桐山照史
最近あなたとおやつ食べてへんから、
頰こけてきたかもしれへん…
中間淳太
いや、十分食べとるから笑
重岡大毅
あなた遅いわー


早よあなたとイタズラせな、
魂飛んでいきそうやわ、

いやイタズラせな魂飛んでいくって


もう病気やでそれ。笑
中間淳太
まあもうちょっとやろうし
そっと見守っとこうよ
神山智洋
とか言いながら、
淳太も動物の動画見る回数増えとるで笑
重岡大毅
淳太ぁ、寂しんか?笑
構ったろか?笑
中間淳太
別にええわ!笑


なんて、話しとったら。
あなた

できたー!!


和室からあなたの叫び声が!


遂に完成したみたいやわ!


俺らはもうこれ以上ないくらいの速さで


和室に走ったよね。笑




🚪ガラガラ
小瀧望
もう遅いわ、アホ!
あなた

ごめんごめん!

藤井流星
なにしとったん?
あなた

夏休みの自由研究!

JW
・・・え?

夏休み?


まだ春休みにもなってなってへんやん。笑
あなた

早めにしとこーと思って
思いついたねん!

中間淳太
偉いやん~
そう言って頭撫でると嬉しそうにしとるわ。笑
神山智洋
で、お題はなににしたん?
あなた

濵ちゃん!



ん?濵ちゃん?

あなた

濵ちゃんって無限大やん?
だから研究材料にピッタリやと思って!



なんか前にのんちゃんも


似たようなこと言いよったな。笑





あ、だから前濵ちゃんにベッタリやったんか。
桐山照史
見せて見せて!
あなた

えーで!


じゃーん!!



あなたが見せてくれた画用紙には


「ハマダの生態」


って書いてあった。


新種の生物感、否めへんな。笑
神山智洋
でも、これ学校に提出できるか?笑
藤井流星
確かになぁ笑
重岡大毅
濵ちゃんのこと提出してもなぁ笑
あなた

ええー…
頑張ったのに!!

中間淳太
でも濵ちゃんについてのレポート
提出されても先生困らへん?笑
あなた

うーん…

じゃあ濵ちゃんにあげる!


いやいや、自分のことについて


まとめられたやつもらってどうするん!?


って思ったけど、
濵田崇裕
ええ!?ほんまに!?
ありがとぉ!!

なぜか濵ちゃんは嬉しそうやね。笑



まあ、これであなたも


いつも通りに戻ってくれるやろうし、


めでたしめでたし?