無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第51話

お泊まり会!
桐山side
ゴソゴソ  ゴソゴソ


さっきからする物音が気になって目が覚めた。


近くに置いとる携帯をみたらまだ2:30。


もう1回寝ようと目を閉じたら。
あなた

あっくん、あっくん

あなたが俺の名前を呼びながら布団に入ってきた。
桐山照史
どしたん?
あなた

おばけの声がする…

おばけ?


しげたちとしとった怖い話でも思い出したんやろか?


それとも、怖い夢を見たとか?


とりあえず今は怖がっとるから


安心させなあかんな…。
桐山照史
大丈夫やで~?

声をかけながら頭を撫でてみる。







あなた

(スースー


ちょっとしたらあなたの寝息が聞こえてきた。


落ち着いたのか寝たみたい。


それにしてもおばけの声ってなんや?



…ブツブツ…



あ、そういうことか。笑



ーーーーーーーーーーーーー

ー翌朝ー
小瀧望
あなたー!?
藤井流星
うるさいわー
小瀧望
だってあなたおらんねんもん!
濵田崇裕
嘘やろ!?
神山智洋
いや、照史のところおるけど…笑
小瀧望
一緒に寝とるとかずるいってー!
桐山照史
ちゃうよ笑
夜中におばけの声がする言うて
入ってきたねん
重岡大毅
(アヒャヒャヒャヒャヒャ
なんやそれ笑
藤井流星
で、結局なんやったん?
桐山照史
多分やけど淳太くんの寝言ちゃう?
中間淳太
え、俺!?
重岡大毅
確かに淳太寝言多いもんな笑
藤井流星
でもそれをおばけの声やと思たんや笑
濵田崇裕
まあ昨日怖い話したしなぁ
あなた

ん、んー…

桐山照史
起きたか?
あなた

ふわぁ…

おはよ

JW
おはようさん
あなた

あ、聞いて!
昨日寝とるときおばけの声せんかった?

重岡大毅
(アヒャヒャヒャヒャヒャ
濵田崇裕
それはな、
重岡大毅
おばけおるからなあ、この家!
あなた

嘘やん!?

神山智洋
なんで言わんの?(ボソッ
重岡大毅
だっておもろいやん笑(ボソッ
桐山照史
怒られても知らんで?(ボソッ
あなた

あなたもう帰る!

濵田崇裕
ええ!
あかんよ!
あなた

だっておばけ無理!

小瀧望
大丈夫やって!
あなた

なんでよ!

藤井流星
だってしげの嘘やもん笑
重岡大毅
ちょ、流星ー!
藤井流星
あ、ごめん笑
あなた

もう大ちゃん知らん!

重岡大毅
ええー!
ごめんて!
あなた

ほんまに思てへんやろ!

重岡大毅
思とるって!


だから言うたのに…。笑


それからちょっとの間無視されてましたよ。笑


ミニオンのキーホルダー買ったるとか言うて


なんとか許してもらえたみたいやわ。笑






で、お昼過ぎにはママも迎えに来て


あなたは家に帰りました。


また泊まりに来てほしいなぁ。