無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+
朝、学校に着いてすぐに蘭ちゃんは山田くんの腕を引っ張って、どこかに行ってしまった。
山田くんもいつもと変わらない様子で挨拶してきた

『おはよう、桐山さん。』

「あ、お、おはようございます。」
戸惑いながらも、挨拶を返した
その直後に蘭ちゃんが山田くんを連れていった。
二人がいなくなった後の教室の五月蝿さは異常だった。
『え、あの二人ができてたの!?』

『あなたさんだと思ってた~!』

『でも、意外とお似合いじゃない?』

『あっ、それ私も思った!』
蘭ちゃんはそのまま2時間サボって3時間目に戻ってきた。
その顔は…とても晴れやかだった。
何かいい事があったのか?と疑うほどの笑顔で私の席のところに来ると
『あなた、頑張って!』
なんて言う、よく理解できないエールをされた。
「あ、ありがとう?」
疑問形で返事をした。
蘭ちゃんは満足気に微笑むと、私の前の席についた。