無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+
周りの女の反応を見ればそう思うのも仕方ない。
『涼介くぅ~ん!』『カッコイイ~!!!』
そんな言葉を投げられるから。
大山さんは

『じゃ、考えといて。』

と言い、図書室を出ていった。
どうやってあなたを振り向かせるか…。
『大山さんに頼むしかないか…。』
随分悩んだ挙句、俺は意を決して図書室を出た。