無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第28話

♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+
私達の何を勘違いするんだろう。
「どういう意味?」

『………はぁ』
秋人は私から視線を外して溜息をついた。
なんか…ムカつく。
『だーかーらー』
言いたくならそうに秋人は視線を下にしてから、私を見た。
その顔は…ニヤニヤしている。
『俺達を〝彼氏彼女〟だと勘違いしてんだろ。』
かれしかのじょ…カレシカノジョ…彼氏彼女!?
「なんで!?」

『あなたさー、兄がいるって誰かに言った?』

「私は蘭ちゃんだけだよ。」
蘭ちゃんにしか教えていない。
『俺に妹がいる事を知ってる人は…いない!』
は?なんで?
「親友の重岡先輩は?」
秋人には重岡大毅 (しげおか だいき)という親友がいる。
『言ってねーよ。』

「なんで!?」
今日は凄く何で何でと言ってるきがする。
私は秋人に面倒くさそーな顔をされた。
『いいから、早く帰るぞ。』
今度は私が秋人に手を引っ張られた。
たまに聞こえてくる他校の人たちの声で、さっきの秋人の言葉に納得せざるを得なかった。
『あの2人、美男美女だねー!』

『ちょ~お似合い!!』

『いいなぁ~!』

『俺もあんな美人の子が彼女に欲しいな!』

『私はあの人みたいなイケメンが彼氏に欲しい!』

『羨ましい!!!』

『あれはお互いに、自慢だよね!』