無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+
「おはよう、蘭ちゃん!」
『おはよー、あなた!』
私はある女の子に挨拶をした。
彼女は私の親友、大山 蘭
胸下まであるストレートの黒髪がとても似合っていて、顔が整っている女の子。
世間でいわゆる『the 美女』
私はというと、茶色の髪。
そして、顔は…そこそこ?
世間でいわゆる『the 普通』
ボブヘアーをしている私は、とても特殊なイケメン嫌い。
この学校にはイケメンがいる。
私はそいつが大嫌い。
彼の名前は山田涼介。
とても整った顔立ちで制服の着崩し方も絶妙。
成績優秀・スポーツ万能・イケメン。
完璧な上に優しく爽やか。
女子も男子も、また先生達からも人望が厚い。
そのため、女子の間ではファンクラブまで結成されている。
そんな人を嫌っているのがこの私。
そんな私に蘭ちゃんはいつも、溜息をつく。