無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

❀3❀
グク
グク
ヒョン!ここ空いてますよ
どうやら席は一人分しか空いてなかったらしい
ユンギ
ユンギ
あー、いいよ。お前が座れ
といってつり革を掴んだ



ふーん、意外と優しいんだー。



あの人はユンギ

同じクラスで出席番号も前後なのに、あまり話したことがないって言う

話しかけたとしても

わたし
わたし
ユンギおはよう
ユンギ
ユンギ
んー、
わたし
わたし
その筆箱使いやすそうだね
ユンギ
ユンギ
あぁ、
って感じ
会話にならないというか
話しかけにくいっていうか
無気力っていうか…

まぁ、返事してくれるだけいいか
チェリン
チェリン
あなた気になってるの?(。-∀-)
わたし
わたし
え?何
チェリン
チェリン
ユンギくん
わたし
わたし
ヾノ・ω・`)
ないわ
ただただ、後輩くんには優しいんだなー
って思って見てただけ笑
わたし
わたし
だったら…


ジミンくんの方がカッコイィ…(小声
チェリン
チェリン
え?笑(。-∀-)

なーんだ気になる人いるんじゃんあなた
わたし
わたし
別に気になってるとかじゃなくて…

んー、気になってるのかな…( ̄▽ ̄*) 笑
なんか、、、かっこよくて優しくてー…
チェリン
チェリン
おー!!

ちなみにジミンくん彼女はいないみたいだよ✨(´꒳`*
狙っちゃいなよォ!
わたし
わたし
え、えー、
ね、狙うゥ?!
私は見てるだけでいいのー
ジミンくんかっこいいから結構モテるし
ジミンくん好きな女子には勝てないから
(ヾノ・ω・`)ナイナイ
チェリン
チェリン
ふーん( ̄∀ ̄)笑

上手くいくといいね?笑
わたし
わたし
狙わないしぃ!笑


ほら、学校着いたよ?
あぁ!やっと着いた!
(ーεー)ふっ~
ずっと座ってるのも疲れる
チェリン
チェリン
あなた
今日彼氏と待ち合わせしてるから
ごめん先行ってて
わたし
わたし
はいよー
楽しんでー笑
バス停から学校までの通りを1人で歩く
1人は嫌じゃない
というか、一人の方が好き
テンション合わせるの疲れるし

中学のキャラでくればよかったかなぁ…
そこまでキャラ変はしてないけど
それでも疲れる



ジミン
ジミン
おはよっ!(*⌒▽⌒*)
わたし
わたし
(o゚□゚)oわっ!!
びっくりした(-_-;)

自転車こぎながら挨拶してくれた

でも急だったしすぐ行っちゃったから
おはようって返せなかった…( .. )

でも嬉しかった
わたし
わたし
今日の授業寝ちゃいそうだな(。-_-。)((ボソ
後ろから会話する声が
ユンギ
ユンギ
あー、俺今日寝るわ
ん?
君いつも寝てるじゃん笑
グク
グク
ヒョンいつもじゃないですか笑笑
よく知ってるね後輩くん
わたし
わたし
寝てもいいや!
今日も頑張ろー
______________________________
青春・学園
新作のランキング15位でした!

ありがとうございますm(_ _)m

読んでいただきありがとうございます。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

uwo🚰
uwo🚰
02らいん👱‍♀️ “こむぎっこ🦔🌼” *☼*―――――*☼*――――― 小説書いてみたいと思います! 読んでいただけたら嬉しいです! よろしくお願いします!m(_ _)m
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る