無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

❀4❀
先生
先生
5分早いが、今日やる所まで終わったから、板書書き終わったやつからお昼にしていいぞ
わたし
わたし
あ゛ぁー、 終わったァー
(ーεー)ふっ~
チェリン
チェリン
彼氏とお昼食べてくるねん♥
また5時間目ねー👋
わたし
わたし
はーい
机のわきにかかってる弁当箱を右手に、リュックから取り出した水筒を左手に持ち屋上へ




その途中でジミンくんを見かけた

相変わらずモテモテだ

わたし
わたし
弁当美味しくなりそ〜🎶
お昼にジミンくん見られたから気分が良くなって、いつの間にかスキップしてた










(ドンッ💥







ユンギ
ユンギ
ッタ…
わたし
わたし
あ、ご、ごめん💦
誰かと思ったらあいつだ

肩ぶつかっちゃった

あー、恥ずかし…( .. )
一人でテンション上がりすぎた

しかもぶつかった相手があいつとは…
____________________________________

屋上
わたし
わたし
よぼせよぉ( ̄0 ̄)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

uwo🚰
uwo🚰
02らいん👱‍♀️ “こむぎっこ🦔🌼” *☼*―――――*☼*――――― 小説書いてみたいと思います! 読んでいただけたら嬉しいです! よろしくお願いします!m(_ _)m
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る