無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

✿✿
1日仕事を終え…



佐久間
『今日も終わったぁ!』


渡辺
『めっちゃ元気じゃん』


岩本
『その体力怖いわ』


佐久間
『お仕事楽しいし!』


七瀬
『車乗って〜!』


SnowMan
『了解いたした』


深澤
『あ、パン買わなきゃ』


向井
『朝買ったんじゃないん?』


渡辺
『俺今朝の分しか買ってない』


宮舘
『そしたらスーパーよってもらってもいい?ほかの食材も買わなきゃだから』


七瀬
『おけまる』


「みーちゃんおなかすいたぁ」


ラウール
『なんか食べるものあったっけ?』


深澤
『りんごジュースしかないわ。美紗これ飲んでて?』


「ぱんないのぉ?」


目黒
『朝食べちゃったでしょ?』


阿部
『これ飲んで待ってたら舘さんの美味しい美味しいご飯食べられるよ』


「ほんとぉ!?!?」


阿部
『ほんとほんと』


「じゃ、こえのむ!」


深澤
『はい、』


「こえおいしい(๑´ڡ`๑)」


向井
『かわいいなぁ』



[ぱしゃ]



向井
『ええの撮れたぁ♪みんなに送っとくなぁ』


SnowMan
『ありがと〜』


七瀬
『ほい、スーパーついた』


宮舘
『俺行ってくるけど誰か行く?』


渡辺
『俺行く!』


佐久間
『佐久間国王についていきます』

ラウール
『江戸川の3人じゃん』


深澤
『じゃ、3人でいってらっしゃ〜い』


「きょうのごはんなぁに?」


目黒
『これから舘さんが夜ご飯買ってきてくれるよ』


「楽しみぃ♪」


岩本
『美紗眠くないの?』


「うん!」


七瀬
『若い子って羨ましいわ〜』


向井
『みーちゃんは若いん?』


阿部
『幼い、じゃないの?』


七瀬
「ま、どっちでもいいっしょ』


「あかいちゃんわかくないないのぉ?」
マネは七瀬朱莉(あかり)といいます


七瀬
『若くなりたぁい!』


向井
『マネって何歳なん?』


七瀬
『え?聞いちゃう?』


向井
『聞いちゃあかんかった?』


七瀬
『いや別に言ってもいいんだけど』


ラウール
『え、何歳なの?』


七瀬
『にじゅう……


佐久間
『ただいまぁ!!』


「おかえい!!」


目黒
『ちょ、佐久間くん!』


向井
『入るタイミング!』


佐久間
『え、??』


岩本
『今マネが何歳か言おうとしてたの』


佐久間
『あ、それはごめん』


渡辺
『まじ重いんだけど』


宮舘
『翔太一番荷物少ないでしょ』


「きょうのよるごはんなぁに??」


宮舘
『うどんだよ』


深澤
『舘さんの好きなものじゃん』


「みーちゃんパンの次に好きだよぉ」


宮舘
『それは良かった』


七瀬
『出発するぜぇ?』


「しゅっぱつしんこー!」


阿部
『最近マネのキャラおかしくね…?』


佐久間
『それ俺も思ってたぁw』


七瀬
『最近ちょっと嬉しいことがあって♡』


「なにあったのぉ?」


七瀬
『なのねぇ?』


渡辺
『彼氏できたとか?』


SnowMan
『えっ!?まじ!?』


「"かれし"ってなぁに??」


阿部
『今度教えてあげるね』


七瀬
『私まだ何も言ってない( · - · )』


深澤
『あ、そうでした』


七瀬
『実はぁ……』


岩本
『ためるなぁw』


七瀬
『人生初の




























彼氏ができた。』


SnowMan 『おぉ!!









っては??』


「は??」


阿部
『みーちゃんはそんな言葉遣いしちゃだめだよ』


「はぁい」


深澤
『人生初の彼氏??』


岩本
『さっきまだ何も言ってないとか言ってたのに正解かよw』


七瀬
『うん。』


向井
『えっ!?どんな人ぉ??』


七瀬
『あ、家ついたよ。さ、帰った帰った』


目黒
『スッキリしないなぁ』


佐久間
『明日聴き込むからなぁ!』


七瀬
『あぁ、はいはい。じゃ、さよなら〜』


















_next_