無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

✿✿
その日の夜……
宮舘「ご飯できたよ〜」

佐久間「みーちゃん今日の夜ご飯はなにかな~??」

「きょーはおうどん!!」

渡辺「3歳でうどんってww」

岩本「はい、席ついて〜」

宮舘「今日は皆で鍋だよ」

阿部「残念おうどんじゃなかったね」

「でもみーちゃんおなべすきー!!りょたにぃのおりょうりなんでもたべれるもん!!」

深澤「じゃ、にんじんも盛るよ??」

「やっ!!!たつにぃきらい。」

深澤「おい!w」

渡辺「言われてやんの!!ww」

岩本「さすが美紗。わかってるw」

阿部「でも、好き嫌いはだめだよ??」

佐久間「1個だけなら食べれる??」

「いっこのはんぶん。」

宮舘「食べれる食べれないの前に座ろうよw」

佐久間「あっ、ww」

深澤「美紗どこ座る??」

「みーちゃんね、ここがいい!!」

目黒「じゃ、俺ここ…」

ラウール「あっ、ずるい!!僕こっち!!」

向井「2人ともずるいねん。俺は目の前に座ろ」

「………」

佐久間「みーちゃーん???起きてますかー????」

「みーちゃんやっぱこっち!!」

目黒向井ラウール「あぁあ」

深澤「急に3人に囲まれたからびっくりしたのかな??」

向井「阿部ちゃんとふっかさんずるいなぁ」

佐久間「めっちゃ懐いてるからねw」

目黒「俺も早くなついてもらお」

渡辺「うわっ!!うまっ!!!」

SnowMan「えっ??」

渡辺「え??」

「しょたにぃはやい!!いただきますいってない!!」









6人とはいつも通り話すものの3人にはまだ話しかけなさそう……



まだ1日目気長に待とうと決めた3人ですが…??






_next♡×40_