無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

✿✿
「。・゚・(ノ∀`)・゚・。」

佐久間「急に飛び出しちゃだめでしょ?阿部ちゃんだって飛び出さないでって言ってたよね?」

「だってにゃんにゃんにげちゃうから…」

阿部「だってじゃないの。今は止まってくれたからいいけど引かれちゃって死んじゃったかもしれないんだよ??」

佐久間「それでもいいの?」

「……や…」

佐久間「でしょ?だから次からはちゃんと右、左確認すること。」

阿部「で、ちゃんと手繋ぐこと。わかった??」

「うん…」

阿部「これからは飛び出さないって約束できる?」

「できる…」

佐久間「さすが!みーちゃんいい子だもんね?」

阿部「怖かったね??」

「こわかった……(๑´•.̫ • `๑)」

佐久間「ほら!おいで」

「だぁにぃ!。゚(゚´Д`゚)゚。」
(だっこ)

阿部「今日は暑いからアイス買って帰ろうか」

佐久間「みーちゃん泣き止まないとアイスないぞぉ?w」

「や(๑´•.̫ • `๑)」

阿部「何味がいいかな〜?」

佐久間「バニラ!!!」

阿部「佐久間は自分で買え!w」

佐久間「なぁんでよぉw」

阿部「みーちゃんは何食べたい?」

「いちご!」

阿部「じゃ、いちご味のアイス買って帰ろうね」

「うん!」











_♡×30_