無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

✿✿
向井「みーちゃんおはよ」

「おはよぉ」

ラウール「ただいまぁぁあ!」

佐久間「おかえり!らうーr

ラウール「めめーー!!」

(·-·)」

阿部「佐久間www」

目黒「なんか、ごめんなさい?w」

深澤「美紗泣いた?」

阿部「お昼寝してたんだけど起きたとき皆ここいたからさ」

深澤「寂しかったのか?」

「うん。」

佐久間「俺が迎えに行ってあげたんだよな〜?」

「しょう!とんとん〜って」

向井「口で?」

佐久間「そうだよ!w」

目黒「なんで?w」

佐久間「え〜?わからん!w」

「たかいたかいしてくれた!」

ラウール「佐久間くんじゃ高くないんじゃ…?」

阿部「いわゆるちっちゃいとw」

佐久間「みーちゃんからしたら高いの!ね〜みーちゃん?」

「だぁにぃたかかった!」

佐久間「ほら〜!!」

「きょうね、じぇしとたろちゃんきた!」

深澤「そうなの?」

向井「公園であったんよ」

目黒「焼き肉デートの帰りだってw」

深澤「午前中から?」

向井「開店と同時にってw」

深澤「あいつらすげーなw」

「おにごっこしたの!」

ラウール「楽しかった?」

「うん!」

阿部「俺らめっちゃ疲れたけどw」

深澤「歳だよ」

向井「ふっかさん最年長やん」

佐久間「ふっかには言われたくないな〜〜」

深澤「佐久間、同じ年齢だろ!w」

ラウール「ここにピチピチいるから!」

目黒「そうっすよ!美紗ピチピチ!」

ラウール「…僕じゃないの?」

目黒「え?」

ラウール「え?」

「お〜〜!!!」

佐久間「およよよ?」

「かっ!」

向井「き?」

「(≧∇≦)」

阿部「え?なにしたいの?w」

ラウール「壊れた?w」

佐久間「み〜ちゃ〜ん?」

「あいっ!」

深澤「かわいいなぁ」

「たつにぃ!だっこぉぉ!」

深澤「こいっ!」

目黒「ふっかさんずるい」

佐久間「いいな〜」

向井「佐久間くんさっきだっこしたやん!」

ラウール「阿部ちゃんだよ!ずるいのは!」

阿部「なんで!?」

向井「いつも抱っこしてる!」

阿部「だって来てくれるから」

目黒「そーゆーの言いたい」









_next♡×30_