無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

✿✿
初めて立ったとき……







向井「そーいえばみーちゃんが初めて立ったときってどんな感じだったん?」

ラウール「それ気になるっ!」

深澤「はじめてたったとき…ねぇw」

岩本「あれはびっくりしたよww」

目黒「何があったの?」

渡辺「まぁ、話聞けよ」







渡辺「そろそろ立ったりするのかな?」

佐久間「雰囲気はあるけどね〜」

阿部「なんだよ、それwww」

宮舘「けが多くなりそうだね」

深澤「絶対ケガさせないわ」

岩本「絶対ってw」


【立つ】


深澤「えっ??えっ!?」

佐久間「うぉぉ!!」

阿部「立ったぁ!」


【走る】


渡辺「いや、え?」

岩本「走ったぞ?」


【こける】


宮舘「あ、こけた」

「(≧∇≦)ウキャキャ」

深澤「笑ってる」

佐久間「怪我してない!?」

岩本「ちょうどクッションあった」

渡辺「え、なんでみんなそんな冷静なの?走ったんだよ?」

阿部「普通に考えてありえないよねw」

佐久間「え?超能力者?」

阿部「そんなわけ無いでしょ」

深澤「なんか、やんちゃそうだね」

宮舘「元気があるのが一番だよ」









阿部「ね?びっくりでしょ?」

目黒「立ってすぐ走るってww」

佐久間「2.3歩走ってすぐこけちゃったけどね」

向井「みーちゃんすごいなぁw」

「こじにぃたちなんのおはなししてうのぉ?」

向井「みーちゃんのお話だよ」

「みーちゃんのぉ?」

宮舘「そう。美紗が初めて立って歩いたときのお話」

ラウール「走ったんだってね」

「そぉなのぉ?」

阿部「そうだよ」

「みーちゃんすごかったぁ?」

深澤「すごかったよ」

佐久間「翔太なんかずっとえっ?なんでっ?ってねw」

渡辺「パニックになってた」

岩本「あれはおもしろかったww」


















_next♡×30_