無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

✿✿
「ふわぁぁ」

深澤「あ、起きた??」

「おなかしゅいた」

佐久間「ゼリーあるよぉ」

「たべる!!」

目黒「ちなみにお薬もあるよ?」

「いや…」

宮舘「ゼリーに混ぜてくるね

岩本「りょーかい

ラウール「治らなくなっちゃうよ!」

「いいもん。」

向井「ずっとみーちゃんが体調悪いの嫌やなぁ。」

渡辺「写真撮れなくなっちゃうかもね」

阿部「あぁ、こーじ可哀想」←こーじなのね

向井「あべちゃん!ww」

佐久間「みーちゃんも撮ってもらえなくなるしね」

それはいや…

宮舘「ゼリーだよ。」

「🤩🤩いたーきます!」


[ぱくっ]


「これいや。」

渡辺「ゼリーだよ?美紗の好きないちご味」

「ちがうのはいってる」

岩本「いつもと一緒だよ」

「へんなあじしゅる」

宮舘「やっぱ無理かぁ」

阿部「てかわかっちゃうんだね」

「ほかのゼリーがいい」

佐久間「これ誰が食べるの?」

「にぃにたち」

目黒「にぃにたちお熱じゃないからお薬飲めないよ」

ラウール「食べれる人みーちゃんしかいない」

深澤「だから食べちゃお?」

「ほかのがいいのぉ」

向井「おれが食べさせてあげよか?」

「いや」

向井「(´ . .̫ . `)ショボーン」

「ほかのじゃなきゃいやなのぉ!!」

ラウール「ゼリーもうないんだよねーー」((嘘

佐久間「1個しか買ってこなかったからねーー」((大嘘

「じゃ、もういらないもん!」

深澤「あらら」

岩本「薬はやっぱ時間かかるな」

宮舘「飲みやすいようにいろいろ考えるか…」

阿部「そーだね」
















このあとお兄ちゃん達頑張って美紗の薬嫌いと格闘し、美紗ちゃんのお熱も下がりましたっ!





















_next♡×20_