無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

✿✿
ピーマンとニンジンを食べられるようになるように作戦を立てたりょたにぃこと宮舘涼太。

第1日目は子供なら嫌いな人はいない"ハンバーグ"だ。
運命のひとくち目。
さぁ、美紗は食べることができるのか?
SnowMan(ドキドキドキドキ)


パクっ!


(´~`)モグモグ


「おいし〜!!!!」

宮舘「そ?よかった☺️」

向井「舘様が愛情込めて作ってくれたご飯やからね」

阿部「やっぱ舘様の料理最高!」

佐久間「国王だからな」

岩本「国王ご飯作ってくれるの?w」

目黒「めっちゃ黙々とたべてるww」

深澤「あんま詰め込みすぎないでよ」

「んー」

向井「こっちにも1人いるで」

深澤「なべwww」

岩本「ゆっくり食べてよ」

ラウール「のどつっかえちゃうよ」

「おいしーの!」

佐久間「でも1回フォークからおてて離そーねー?」

「ゔーー」

向井「犬の唸り声やんw」

「@∂∆∆∅&$#!!!」

阿部「なに?ww」

宮舘「全部ごっくんしてから言おうね」

「たべたっ!だぁにぃかえして!」

阿部「佐久間、貸して」

佐久間「はい!阿部ちゃん」

「なぁんで!!」

阿部「みーちゃん?はい、あーん」

「あーん」

向井「こーすればのどつっかえへんな」










なんと第1日目は大成功!!
みーちゃんが口に含みすぎてフォーク取り上げられちゃうほどでした。



さぁ!次回は何を作ってくれるのか!?
果たしてみーちゃんは次回も食べてくれるのか!?!?




お楽しみに💓





_next♡×40_