無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

✿✿
収録開始…


阿部
『それSnowManに


佐久間
『やらせてください!!』


……wwww』


向井
『めめの時やって、阿部ちゃんの時やってなんで俺のときだけやらへんかったん!?』


SnowMan
『wwwww』


ゆさぴょん
『もしも〜し』


渡辺
『ゆさぴょん!!』


ゆさぴょん
『。。。』


向井
『思いっきり無視されとるやんw』


岩本
『これ朝のことだろw』


ラウール
『ゆさぴょんみーちゃんのこと好きだもん』


ゆさぴょん
『なんで朝みーちゃんのご飯食べちゃったんですか?』


渡辺
『寝ぼけてて…』


ゆさぴょん
『え、みーちゃんはみんなと同じ朝ごはんなんですか??』


宮舘
『いや、ちょっと違うかな』


ゆさぴょん
『それ間違えるとか……はぁ…』


SnowMan
『wwwww』


目黒
『呆れられてるw』


岩本
『ため息されてるしw』


「はぁだよ、はぁ」


SnowMan
『…………は?』


阿部
『なぁんで入ってきてるのぉ?』


「ゆしゃぴょんのこえきこえた!」


ゆさぴょん
『みーちゃん!』


「ゆしゃぴょん!!どこぉ??」


佐久間
『ゆさぴょん違うお部屋にいるんだよ』


ゆさぴょん
『みーちゃんこっち来てよぉスタッフさん、いいですよね??』


スタッフ
『うんうん。』


ゆさぴょん
『おいで〜』


「いまからいくぅ!」


深澤
『……これってありなの?』


SnowMan-深澤
『………さぁ??』









_next♡×6_