無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

✿✿


ゆさぴょん
『あっ!みーちゃんきたぁ』


深澤
『あ、着いたのねw』


ゆさぴょん
『じゃ、続きやっていきましょう。』


阿部
『このあと普通に続けんのねw』


ゆさぴょん
『みーちゃんみんなに何か言う?』


「おれはしみんだ!」


SnowMan
『wwwwwwww』


向井
『なんで??ww』


佐久間
『俺のぉ!w』


阿部
『さっき人狼のYouTube見せてたんだったw』


「しんじてくれ!」


岩本
『信じてるよ!w』


ゆさぴょん
『さ、みーちゃんに言ってもらったことだし、本日の企画は??』










_______撮影終わり___________



ラウール
『みーちゃん俺は市民だ!覚えたの?』


「うん!だぁにぃが言ってたぁ!じゃっじめんとされてたおれたの!」


渡辺
『でもなんであのタイミング?』


「だぁにぃもみんなになにかいうときおれはしみんだ!っていってたもん。」


宮舘
『よくそこで結び付けられるね』


目黒
『俺そんな発想できない』


矢崎
『お疲れ様でしたっ!』


「ゆしゃぴょーん!」


矢崎
『みーちゃんばいばい!また今度ね』


「ゆしゃぴょんとばいばいなの?」


深澤
『次の収録日までね』


「いやっ!ばいばいしない!」


矢崎
『明日また会えるよ!』


「ほんと??」


矢崎
『うん!』


「やったぁ!!……あしたっていつ??」


[ずこっ]


阿部
『明日はみーちゃんが今日寝たらくるんだよ』


「じゃ、ねる。だっこ。。」


ラウール
『え、寝るの早くない?』


岩本
『疲れたんだよ、』


渡辺
『相変わらず阿部のとこだなw』


阿部
『なんか腕の筋肉付いた気がする』


向井
『付いたんやない??』


佐久間
『前まで細かったもん』


マネージャー
『次はバライティーの撮影だから行くぞ』


SnowMan
『らじゃ』


スタッフ
『次からは間違っても美紗ちゃんの朝ごはん食べないようにね?』


渡辺
『……はい。』


SnowMan
『wwwww』





_next♡×6_