無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

✿✿
ピーンポーン


佐久間
『あっ!マネと滝沢くん!』


宮舘
『女の人近くにいない?』


佐久間
『いるよ。』


阿部
『そしたら出ないほうが…』


佐久間
『マネが。滝沢くんの近くに』←


渡辺
『女の人と入ったけどさぁw』


深澤
『出ちゃうよ?』


SnowMan
『ど〜ぞ〜』


七瀬
『おはピヨ☆』


滝沢
『おはよう』


SnowMan
『おはようございます!』


「ましゅ!」


岩本
『女の人は??』


七瀬
『おはピヨ☆って話しかけたよ』←


滝沢
『なにか御用ですか?って話しかけたら返せっ!!って言って帰ってた』


七瀬
『せっかく挨拶されたのに無視された。マジぴえん』←


目黒
『俺ら何かあの人から盗りました?』


向井
『そんな泥棒みたいなことせん!』


七瀬
『ここでも無視されるの?ぴえん超えてぱおんなんだけど』


「ぞうしゃん?あかいちゃんぞうしゃんになっちゃうの?」


七瀬
『そうなの〜』


「(・o・)!!」


阿部
『マネ、嘘つかないでw』


ラウール
『信じちゃってるから』


深澤
『関係ない話をするでない』


七瀬 阿部 ラウール
『ごめん』


「めんしゃい」


宮舘
『また来たときはどうすれば??』


滝沢
『とりま警察呼んでわーってなってぎゃーってなって』←こんなこと絶対言わん


SnowMan
『了解です!』←わかってちゃった


七瀬
『え?何するの?わかってないの私だけ?』←それが普通です


滝沢
『俺もわかってない』←わかってないのかよ


深澤
『俺らもわかりませんでした』←ですよね


滝沢
『また来たらとりま何か御用ですか?って話しかけとけ』


岩本
『わかりました』


「なにかぁごようでしゅかぁ?」


ラウール
『美紗ちゃんは危ないから話しかけなくていいからね』


「あい!」



ピーンポーン



目黒
『あ、来た。』


向井
『は〜い、ちょっと待ってなぁ』


渡辺
『知り合いが来たテンションかよw』


「なにかごよでしゅか?」


阿部
『みーちゃんはりょへにぃとここにいよっか』


「あい!」













_next♡×8_