無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

✿✿
ある日の朝のこと……




宮舘
『みー、朝ごはん食べな』


「やぁ!ぱん!」


阿部
『みーちゃん、もうパンなくなっちゃったの。』


岩本
『今日は我慢して。』


向井
『せやで。明日また食べれるんやし』


「やなのぉ!」


深澤
『やだじゃないでしょ。』


「ぱんじゃなきゃやぁ!」


佐久間
『みーちゃん??やだやだ言ってると朝ごはんなくなっちゃうよ?』


「やぁ!」


渡辺
『おはよぉぉ…朝から賑やかだね…』


宮舘
『あ、翔太も朝ごはん食べちゃって』


渡辺
『いただきます…』


宮舘
『翔太のそれじゃなi…


「それみーちゃんのぉぉ!」


あぁあ』


ラウール
『あぁあw』


目黒
『しょっぴー量違うから絶対気づくよねw』


渡辺
『え…?あっ!』


岩本
『今目覚めたな』


「みーちゃんのあしゃごはん!!」


阿部
『みーちゃんが早く食べないからだよ?』


「……しょたにぃきらいぃ(´;ω;`)ウッ…』


渡辺
『ごめんってぇぇ!』


「うわぁぁぁぁぁぁぁ!!!。゚(゚´Д`゚)゚。」


佐久間
『お仕事遅れちゃうね』←


深澤
『やばいって!』


ラウール
『もう出発しないと…』


向井
『もうマネ来てるで!』


渡辺
『俺準備終わったよ』


目黒
『はやっ、さっき起きたばっかになのに。』


宮舘
『おまけにみー泣かせたのに』


「。・゚・(ノД`)・゚・。」


渡辺
『阿部と佐久間いるから大丈夫。』←


岩本
『他人任せだなぁ』


深澤
『でも、阿部ちゃんか佐久間が抱っこすればすぐだもんな』


七瀬(マネちゃんです)
『遅い〜!』


向井
『みーちゃんが泣き出しちゃってなぁ』


宮舘
『誰かさんのせいでね』


渡辺
『………』


目黒
『今阿部ちゃんと佐久間くんが頑張ってます』


七瀬
『わかった。先車乗ってて』


SnowMan-阿部、佐久間
『はぁい』






「。・゚・(ノД`)・゚・。(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)」


阿部
『みーちゃん、そんな泣かないの』


佐久間
『しょたにぃだってわざとじゃないんだよ?』


「。゚(゚´Д`゚)゚。」


阿部
『あとでパンあげるから…ね?』


「……ぜったい??(๑´•.̫ • `๑)」


佐久間
『ぜっったい!だから、もう泣かない。』


[こくっ]



阿部
『みーちゃんは笑った顔が可愛いんだよ?』


佐久間
『そーだよ!だから笑わなきゃ!』


[こくっ]


阿部
『はい、笑って??』


[( ´∀`)にこっ]


佐久間
『よし、おっけ!』


阿部
『みんなのところ行こっか?』


[こくっ]


佐久間
『よしっ!れっつごー』


「ごー!」


佐久間
『お待たせ〜』


向井
『やっと来たぁぁ』


深澤
『みー、もうダイジョブ?』


「あとでぱんかってもらう!」


目黒
『そっか、良かったなぁ??』
[頭なでなで]


[( ´∀`)にこぉぉ]


七瀬
『それスノのスタッフには説明しておいたから』


岩本
『ありがとう』


七瀬
『堂々と遅刻いていいぞっ!』←


佐久間
『あ、じゃぁ、パン屋寄って』


宮舘
『今買うのねw』


佐久間
『約束しちゃったからね』


阿部
『翔太よろしく』


渡辺
『おれっ!?』


ラウール
『朝ごはん奪った張本人だしねw』


目黒
『いってらっしゃぁい』


「いったらっしゃぁい」







_next♡×5_