無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

63
2021/02/16

第15話

第 1 4 話 。

あなた
「 だめ!私に払わせてください! 」



長谷川 慎
「 いいんです! 僕が誘ったんですよ? 」



なんの言い合いかと言いますと、
スーパーでのお買い物の支払いのことで言い合いです。


長谷川 慎
「 あなたさん作ってくれるんだし、僕にできることさせてください。」


ねっ?なんて、首を傾げながら言われたら、
これ以上言えなくなってしまう。


あなた
「 ありがとうございます。 美味しいの作りますねっ 」


こうなったら、頑張るしかないっ!



長谷川 慎
「 ここ、僕の家です。 どうぞ? 」



あなた
「 おじゃまします…。」



広すぎる。
綺麗すぎる。


白と黒で綺麗にまとめられたリビングには、まことくんが普段つけているアクセサリーなどが、綺麗に飾られていた。


意外と几帳面なのかな?


そうだ、目的はご飯だよね。



あなた
「 慎くん、早速キッチン借りますね 」


長谷川 慎
「 どうぞっ 」



チャチャッと作っちゃいますかっ!