無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

73
2021/02/16

第7話

第 6 話 。

長谷川 慎
「 そういえば、今日は遅かったんですね 」



駅まで歩いている間に、色んな話をした。


あなた
「 そうなんです。今日はちょっと、やらなきゃ行けない仕事が多くて。💦 」


長谷川 慎
「 そうなんですか。お仕事大変そうですね 」


あなた
「 いやいや!慎くんの方が大変だと思うし、それに、慎くんがいるから、仕事頑張れるので。。」



うわぁ、また余計なこと言った。。


でも事実だし、ちょっとくらいいいよね…?



長谷川 慎
「 うわ、めちゃめちゃ嬉しいです 笑
僕もそんなこと言われたら頑張れます 笑 」


もう、そんな笑顔で言われたら心臓もたないよ。


駅までの道はあっという間で、もう着いてしまった。


あなた
「 あのっ、ありがとうございました。送って貰っちゃって。。」


長谷川 慎
「 全然、大丈夫です。 風邪引いちゃったら困るし 笑 」



今日は沢山笑ってくれるなぁ。
可愛い笑顔見られて幸せ。


なんて呑気に考えていると、


長谷川 慎
「 そうだ、連絡先教えてくれませんか…? 」