無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

73
2021/02/16

第8話

第 7 話 。


あなた
「 えっ、いいんですか? 私、慎くんのファンですよ…? 」


そうだよ。私は慎くんのファンで、慎くんには沢山の応援してくれているファンがいる。

たった2回しかあったことの無い私に、なんで簡単に教えてくれるのかな?



長谷川 慎
「 んー、なんか後悔しちゃうと思って。
あなたさん、他の人とは違う気がするんです。」



優しい表情で、そう言ってくれた。
凄く嬉しい。
好きな人にそんなふうに言ってくれるなんて。

でも、不安もある。

慎くんの周りには綺麗な人は沢山いるし、私なんかが距離を縮めてもいいのかな。。



長谷川 慎
「 …嫌ですか…? もし嫌なら、無理は言いません。」


あなた
「 嫌じゃないです! ただ、私なんかがいいのかなって… 」



変に嘘をつくより、正直に話した方がいいよね。



長谷川 慎
「 なんだ、そんなことか 笑」
「 あなたさんだから、知りたいんです。」



真剣な表情で伝えてくれた。
胸がいっぱいになった。


あなた
「 じゃあ、是非交換させてください…!」



恋が、こんなに楽しいものだと、初めて知りました。