無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

75
2021/02/16

第10話

第 9 話 。


ゆっくりお風呂に浸かって上がれば、もう寝なきゃいけない時間もせまってるわけで。


スキンケアして、髪の毛乾かして、ボディクリームも塗って。

女の子だし、それなりに気は使ってるけど、やっぱり自分に自信はつかない。



あなた
「 そうだ、返信きてるかな…? 」
長谷川 慎
長谷川 慎
いえいえ! 楽しかったですし 笑
また時間が合えば、一緒に帰りましょう!

あなたさんこそ、お疲れ様です。

わっ!きてる!


また一緒にだって…やばいやばい!


また心臓うるさい。


あなた
「 もう遅いから、返信するのはやめておこう 」


これが無難なはず…!

寝れなくなる前に寝なきゃ。


その日は寝るまでずっと、胸のドキドキが収まらなかった。