無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

24 話
(なまえ)
あなた
おはようございます。
社長
社長
おはようあなたくん。
ハルキ
ハルキ
先輩おはようございます。
(なまえ)
あなた
おはよ。用意は?
ハルキ
ハルキ
一応、終わったんですけど… 確認してもらってもいいですか?
(なまえ)
あなた
うん。
……………………………………………………
ハルキ
ハルキ
どうですか? 出来てます?
(なまえ)
あなた
レンズはいつも1本だけなの?
ハルキ
ハルキ
はい。伊藤先輩に教わり、いつもこれだけです。
(なまえ)
あなた
そっか… 一応、焦点レンズもあった方がいいよ。
あとはちゃんと出来てるから大丈夫。
ハルキ
ハルキ
焦点レンズですね… 覚えておきます。
今日はご指導宜しくお願いします。
(なまえ)
あなた
ご指導って言われてもね… 撮りたいように撮ればいいよ。
社長
社長
あなたくん、ちょっといいかね…?
(なまえ)
あなた
はい。
ハルキ
ハルキ
先輩、先に車に行ってます。
(なまえ)
あなた
うん。
(なまえ)
あなた
社長もしかして… 来週の撮影のことですか?
社長
社長
そう、もう知っておったか… 悪いが、2日間宜しくな。
(なまえ)
あなた
社長… 伊藤さんですが、もしかしてまたですか?
社長
社長
多分… でも今日は終わったら現場から直帰しなさい。これ以上、君が倒れて辞められたら困るから…くれぐれも体調には気を付けて無理はしないように… いいね?
(なまえ)
あなた
はい。では、行ってきます。
(なまえ)
あなた
ごめんね… お待たせ。
ハルキ
ハルキ
あっ、いえ…… 
私達は車に乗って現場へと向かった…
ハルキ
ハルキ
先輩にいくつか質問していいですか?
(なまえ)
あなた
何?
ハルキ
ハルキ
好きな人のタイプ教えて下さい。
(なまえ)
あなた
えっ!? 何急に……
ハルキ
ハルキ
急にじゃないですよ。俺先輩の事が好きで結構アピールしてたんですけど… まー気付いてくれませんでしたけど…
(なまえ)
あなた
ごめん……
ハルキ
ハルキ
で、どんな人が好きなんですか?
(なまえ)
あなた
どんな人って言われてもね… んー 秘密。
ハルキ
ハルキ
残念… でも俺諦めませんから… いつか絶対、先輩を振り向かせてみせますから……
(なまえ)
あなた
(ニックと同じような事を言われた… 好きな人が出来るとみんなあんな事言うのかな……) ((フフッ…
ハルキ
ハルキ
えっ!?
(なまえ)
あなた
あっ、ごめん…
ハルキ
ハルキ
いえ… (やっぱり好きだ… ((フフッ……)
(なまえ)
あなた
で、今日は?
ハルキ
ハルキ
そう言えば、言ってなかったですね… 先輩の大好きなNEWSです。
(なまえ)
あなた
えっ!? ちょっと待って… なんで私がNEWS好きって知ってるの?
ハルキ
ハルキ
秘密です。
俺、仕事で芸能人に合うの初めてなんですけど… どうしたらいいですか?
(なまえ)
あなた
んー 今は良いけど、現場についたら先輩呼びは禁止で… 後は言葉遣いに気を付ければ大丈夫だよ。
15分後…
ハルキ
ハルキ
先輩… ここてす。
(なまえ)
あなた
ありがとう。じゃ行こうか……
ハルキ
ハルキ
はい。