無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

37 話
ニノ
シゲ、あなたと一緒に後部座席に座って欲しいんだけどいい?
シゲ
シゲ
うん。あなたちゃん先に乗せます?
ニノ
シゲ先に乗って欲しいかも…
シゲ
シゲ
わかりました。
あなたを車に乗せ、シゲと一緒に家に向かった。
シゲ
シゲ
でも、ホントによく寝ますよね… (寝顔可愛い)
ニノ
普段から寝てないんだと思う…
前もこういう事があって、倒れたから心配なんだよね…… 頑張り過ぎなんだよ。
(なまえ)
あなた
シゲ… ミニーちゃんに会いたい……
ニノ
えっ!?
シゲ
シゲ
寝言です。
その時、あなたが手を繋いできたり… 肩に寄りかかったりしてきた。
(なまえ)
あなた
今日は、帰りたくない… シゲの家に泊まりたい… ダメ?
シゲ
シゲ
(寝ながらそういう事言うの反則でしょ…)
俺はOKの合図のつもりであなたの手を少し強めに握ったら、あなたがそれに応えるように返してくれた……
シゲ
シゲ
(どんな夢見てるんだろう……)
結局あなたは目を覚まさないまま引っ越し当日を迎えた…