無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

13 話
コンコンコン……
ニノ
あなた、出来たよ。
(なまえ)
あなた
ん…… お兄? おんぶして…?
ニノ
良いよ。
(なまえ)
あなた
((ぎゅっ……
リビング……
えっ!? (ニノ以外…)
NEWS
NEWS
えっ!?
俺はあなたをソファーに座らせた。
ニノ
食べれそう?
(なまえ)
あなた
ちょこっと…
ニノ
うん。
シゲ
シゲ
はい、どうぞ。食べられる分だけ食べて… 無理しなくていいからね?
(なまえ)
あなた
うん。いただきます…
シゲ
シゲ
召し上がれ。
せっかく大好きなシゲが作ってくれたのに… 私が食べられたのは、うどん3本だけだった……
(なまえ)
あなた
ご馳走様でした。………(ノД`)シクシク
松潤
えっ!? どうした? あなた?
(なまえ)
あなた
えっ!? あっ… 何でもない……。
相葉ちゃん
何でもなくないでしょ……
慶ちゃん
慶ちゃん
もしかして…シゲが泣かした?
シゲ
シゲ
何で俺になるんだよ……
まっすー
まっすー
だってあなたちゃん、シゲが作ったうどん食べて泣いたよ? どう見てもシゲでしょ?
泰士
泰士
いや…。もしかしたら涙が出るくらい…美味しかったんじゃない? いいなぁ俺にその残り頂戴…
(なまえ)
あなた
えっ!? あっ… (皆に気付かれないように、シゲをチラ見……)
シゲ
シゲ
(あっ… ((コク……)
(なまえ)
あなた
うん。でも… 食べかけだよ?
泰士
泰士
うん。俺、気にしないもん。やったー!!
(なまえ)
あなた
お兄? 部屋に行って横になってるね…
ニノ
うん。
そう言って、フラフラになりながら自分の部屋に行った……
泰士 Side…
俺は、あなたが涙を流した訳を知った気がした……
ホントだったら、まだ食べたいけどこれ以上は食べられない…ホントに美味しいのに… 俺が思ってた以上に食べられず、あなたの限界は3本だった…
ここで俺が全部食べれば丸く収まると思い… あなたが残した残りを全部食べた。

これで良かったって、あなたに聞きたかったけど…俺が食べ終わる前にあなたは、フラフラになりながら自分の部屋に行ってしまった…

多分…いや……絶対泣いてるから、あなたの部屋に行く事が出来なかった… 。