無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
312
2021/09/11

第1話

Prolog
☆ side
やっと来た入学式!
やっと恋人と同じ高校に通えるって思いながらもちろんのことオクタヴィネル寮に選ばれ入学式に参加していた
何故か女子が山ほどいるけど、なんか囲まれてんだけど…
なにこれ?








♬ side
ある日私は飛ばされた場所はずっとゲームをしてたTWISTED WONDERLANDの世界
そこにゲームで見た事のないめっちゃかわかっこいいイケメンが!?
『この人と付き合いたい!』
って思ってしまった!







❀ side
ある時、私は入学式のために学校に言ってたはずなのにそこはTWISTED WONDERLANDの世界
そこに自分の推しと話すみたことない少年が!
『え、あの距離感…BL!?』
と思ってしまう












● side
『なぁ、今日から来るって言うけどさぁ〜
なにあれ?』
『そうですね、何故か人気になってきたみたいですね』
『はぁ?
俺らだけで充分だろ』
などと人気になりたくてなった訳でもない人に独占欲を増やす2人であった