無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

第17話 善逸も煉獄さんも……
氷川
氷川
やっほー生きてる?
我妻善逸
我妻善逸
勝手に殺すなよあなた
氷川
氷川
(元気そうだね。よかったよかった……それにしても痛々しいねそれ。手縮んでるし……)
氷川
氷川
手ェ小さいなぁ。可愛い。
我妻善逸
我妻善逸
これはこれで不便なんだぞ!薬も苦いし……
氷川
氷川
(そういえば言ってたね。薬がどーのって……)
氷川
氷川
僕的にはこのままでもいいんだけどね……
我妻善逸
我妻善逸
えぇー?俺は嫌だよ……
フニフニ
氷川
氷川
でも善逸が頭撫でてくれないからなぁ。少しやだなぁ……
我妻善逸
我妻善逸
(何っ!この可愛い生き物は!?)
氷川
氷川
ん?
氷川
氷川
泣いてるのか?よしよし……
目を見開いた。
我妻善逸
我妻善逸
ありがとうございます!今なら空飛べそう……
氷川
氷川
(ほんとに大丈夫?)
氷川
氷川
んじゃ。また今度来るね!
本部にて
氷川
氷川
あっ!煉獄さん!
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
よもや!あなたでは無いか!
氷川
氷川
こんにちは!
氷川
氷川
(かっこいいなぁ。流石……)
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
そんなに見られるとむず痒いぞ!あなた!
氷川
氷川
すいません。かっこよくてつい……
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
あなた……いつになったら嫁に来てくれるんだ?
氷川
氷川
なっ……
氷川
氷川
(冗談に聞こえんのがタチ悪い。)
氷川
氷川
かっ、考えておきますねぇ。
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
わかった。待ってるぞあなた!
氷川
氷川
(あっ。どうするべきか……)