無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

第25話 雪と一体化すること。
亜里沙ちゃんの鍛錬が始まりました。
氷川
氷川
そうそう。腰は……
亜里沙
亜里沙
はい!こんな感じですかね?
って想像するあなた
氷川
氷川
……
でも現実はそんなものは無いのです。
氷川
氷川
(教えることねぇ……)
亜里沙
亜里沙
何しましょう!?
氷川
氷川
……
氷川
氷川
で…できない事とかない!?
亜里沙
亜里沙
ないですかね……強いて言うなら雪と一体化することですかね。
氷川
氷川
あぁ……雪と一体化ねぇ。
冨岡義勇
冨岡義勇
今、雪無いぞ。
氷川
氷川
ん?あるよ?
亜里沙
亜里沙
あるんですか!?
氷川
氷川
うん。
氷川
氷川
ちょっと待っててねぇ……今降らせるから。
亜里沙
亜里沙
はい!……へ?
冨岡義勇
冨岡義勇
ついに頭おかしくなったか?
冨岡義勇
冨岡義勇
熱とかないか?
氷川
氷川
(……)
パチン
亜里沙
亜里沙
わぁぁ!雪です!雪ですよ!
冨岡義勇
冨岡義勇
(俺疲れてるのか?)
氷川
氷川
義勇さん……疲れてる訳じゃないからね。みんなに見えてる。
冨岡義勇
冨岡義勇
そうか。
亜里沙
亜里沙
……それでどうしましょう。どう一体化するんですか?
氷川
氷川
全力で遊ぶ!そしたら雪ぐらい降らせられるかな?
亜里沙
亜里沙
わかりました!雪だるま作ります!
数時間後
亜里沙
亜里沙
楽しかったです!
氷川
氷川
僕のモットーは楽しく、無理をしないだからね!
冨岡義勇
冨岡義勇
それはいいが日がくれるぞ。
氷川
氷川
わかってる!んじゃ……家で温まってお風呂入ろうか……
氷川
氷川
そうそう義勇さん……さっきのこと許してないですから。
冨岡義勇
冨岡義勇
氷川
氷川
とぼけないっ!……今日は鮭大根なし!
冨岡義勇
冨岡義勇
……しょぼん
氷川
氷川
……
亜里沙
亜里沙
……ことり様が言うならば……
冨岡義勇
冨岡義勇
……
氷川
氷川
義勇さん……明日作ってあげるからさ、今日は我慢して……
冨岡義勇
冨岡義勇
あぁ……
氷川
氷川
さぁ家事をしようか!
亜里沙
亜里沙
はい!