無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

第21話 心のモヤモヤ
氷川
氷川
(あんなこと言っちゃった……)
あのことがフラッシュバックする。
氷川
氷川
はぁ……
時透無一郎
時透無一郎
どうしたの?ため息ついて……
氷川
氷川
……
時透無一郎
時透無一郎
あなた?おーい
氷川
氷川
ひゃぁっ!無一郎くん……
時透無一郎
時透無一郎
大丈夫?ぼーっとしすぎじゃない?
氷川
氷川
……そう?
時透無一郎
時透無一郎
(元気ない?)
時透無一郎
時透無一郎
ねぇ。甘味処行こうか。
氷川
氷川
へ?
時透無一郎
時透無一郎
さぁ行くよ!
氷川
氷川
へ?へ?
甘味処にて
冨岡義勇
冨岡義勇
(どうするべきか……あなたのこと怒らせたしな。)
時透無一郎
時透無一郎
さぁ着いたよ!あなた
氷川
氷川
……私行くって言ってないよ……無一郎くん……
時透無一郎
時透無一郎
こういう時は甘い物なんじゃないの!?言ってたじゃん……
氷川
氷川
あの時はね。今はそれどころじゃ……
冨岡義勇
冨岡義勇
……
目が合う2人
氷川
氷川
やっぱ帰る。
時透無一郎
時透無一郎
えっ?ちょっ……あなた!?
冨岡義勇
冨岡義勇
……
時透無一郎
時透無一郎
あっ。冨岡さん。あなたと何かあったの?
冨岡義勇
冨岡義勇
……
時透無一郎
時透無一郎
ねぇ。冨岡さん。もしあなたと何かあったなら僕が取りますから。
冨岡義勇
冨岡義勇
……好きにしろ。
時透無一郎
時透無一郎
え?
冨岡義勇
冨岡義勇
俺は任務に行ってくる。
時透無一郎
時透無一郎
ちょっと!冨岡さん!
その頃
氷川
氷川
(なんで?なんで?なんで?逃げてんの?)
氷川
氷川
(あのこと謝ろうとか思ってたのに。このままじゃ……このままじゃ……任務に集中できないよ。)
氷川
氷川
ヒヤッ……
鬼
おやおや、人間だァ…それもぉ……
氷川
氷川
!!
刀は置いてきてしまっ……
氷川
氷川
嫌っ!……
鬼
《稀……》
氷川
氷川
嫌っ!!
冨岡義勇
冨岡義勇
水の呼吸壱の型……
冨岡義勇
冨岡義勇
水面切り
鬼
ギヤアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア
氷川
氷川
ウッ……(涙目)
冨岡義勇
冨岡義勇
大丈夫か?
氷川
氷川
……ぷい
冨岡義勇
冨岡義勇
……帰るぞ……
氷川
氷川
……ほっといてよ。
冨岡義勇
冨岡義勇
俺は……悪かったと思ってる……
氷川
氷川
聞きたくないっ!
冨岡義勇
冨岡義勇
おい……
氷川
氷川
……帰る。
冨岡義勇
冨岡義勇
……あなた……
冨岡義勇
冨岡義勇
(謝れないのか?俺は……)
氷川
氷川
(僕も謝れないの?)
氷川
氷川
(明日は任務だっ……モヤモヤしてるけど集中しなきゃね。)
不安な夜を過ごす2人。
氷川
氷川
最後に謝ればよかったのかなぁ……
氷川
氷川
戻りたい……無邪気な僕に、強がりしない僕に……