無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

第16話 蝶屋敷にて
ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
氷川
氷川
(ん?なんだろう。)
治療室
我妻善逸
我妻善逸
うぁぁぁあなた会いたかったよぉー!
氷川
氷川
人の迷惑はしてはならないからね!善逸!
我妻善逸
我妻善逸
はいっ!
我妻善逸
我妻善逸
でもさぁー薬がにがいんだよォ……
氷川
氷川
一生そのままだったら一緒に任務できないよ?
我妻善逸
我妻善逸
あっ。嫌だ
我妻善逸
我妻善逸
じゃぁ飲むよ!
氷川
氷川
ふふっ……偉いね善逸。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
あっ!あなた!
氷川
氷川
炭治郎!大丈夫?
氷川
氷川
そろそろ行かなくちゃ。また来るね。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
またねーあなた
移動中
氷川
氷川
あっ!義勇さん!何してるの?
冨岡義勇
冨岡義勇
胡蝶に用があったんだか……今はいないらしい。
氷川
氷川
そっかぁ。
グイッ
氷川
氷川
わっ……
氷川
氷川
なっ、何?
冨岡義勇
冨岡義勇
いや別に。
氷川
氷川
ちょっ……いい加減離れてよ恥ずかしい。
冨岡義勇
冨岡義勇
照れているのか?可愛いな。
氷川
氷川
ひゃぁ……耳元で喋るなっ!
氷川
氷川
(耳に息がかかってゾワゾワする。)
冨岡義勇
冨岡義勇
耳が弱いのか?
氷川
氷川
んっぁ……ちょっと噛むなっ……
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
もしもし〜死にたいですか?冨岡さん。
冨岡義勇
冨岡義勇
胡蝶……これはだな……
氷川
氷川
あっ!しのぶいいの!僕が転んでこうなっただけだから!
冨岡義勇
冨岡義勇
(かばってくれた……)
氷川
氷川
義勇さんっこのお礼は甘味処連れてくださいね。(小声)
冨岡義勇
冨岡義勇
あぁ
そろそろ任務だ。
氷川
氷川
んじゃ!しのぶ任務行ってくるね!