無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

番外編 善逸と任務
少し前の話……
氷川
氷川
善逸となんだね今日。
我妻善逸
我妻善逸
えぇ!嬉しい!
氷川
氷川
さっさと鬼倒しちゃおうか。
我妻善逸
我妻善逸
なんか役に立たないけど居ていいの?
氷川
氷川
善逸が居てくれるだけでもう役に立ってるよ?
我妻善逸
我妻善逸
……そうか。
氷川
氷川
……!!
鬼
弱そうだね。
氷川
氷川
……
氷川
氷川
雪の呼吸弐の型 
氷川
氷川
雪の舞
ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
氷川
氷川
……よしっと
我妻善逸
我妻善逸
1匹だけですよね?
氷川
氷川
うん。気配も消えたし、
我妻善逸
我妻善逸
じゃあ藤の花の家紋のところ行こうよ!
氷川
氷川
ん?いいよ?
我妻善逸
我妻善逸
行こう行こう!
部屋にて
氷川
氷川
……善逸?
我妻善逸
我妻善逸
俺じゃなくてあなたが悪い。
氷川
氷川
へ?何かした!?えっと。えっと。ごめんなさいっ!
チュッ
氷川
氷川
んッ……ちょッ……
我妻善逸
我妻善逸
あなたが悪いよ。そんなに可愛らしい格好して……
氷川
氷川
ふぇ?
我妻善逸
我妻善逸
こんなので男が堕ちないとでも?
氷川
氷川
何言ってるの?善逸?
我妻善逸
我妻善逸
……今日は寝かせないから。
氷川
氷川
へっ?へ!あっ。待ってッ
我妻善逸
我妻善逸
待たない。
いつもの善逸じゃないみたい。匂いも違うし……
ビビリな善逸じゃなくて、今は強気な善逸だった。