無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第46話

第35話 懐かしい人々
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
着きました……油断は禁物ですからね。
時透無一郎
時透無一郎
わかってるよ。
冨岡義勇
冨岡義勇
(今、地獄の時間から助けてやる。待ってろよ。)
宇髄天元
宇髄天元
てかよ。冨岡とあなたがそんな関係だったとはな。
冨岡義勇
冨岡義勇
……
時透無一郎
時透無一郎
あれ?違ったんだ。
鬼
うるさい奴らだねぇ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
(鬼ですね。)
宇髄天元
宇髄天元
お前なんて派手派手に首を斬ってやんよ。
不死川実弥
不死川実弥
そんなに簡単に行ったらあなただって助かってただろう。
鬼
楽しそうな奴らだ。すぐにお前らなんて……
パチン
鬼
やってしまいな。私の……創造でね。
冨岡義勇
冨岡義勇
……錆兎……
宇髄天元
宇髄天元
お前か。
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
よもやよもや父上ではないか!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
姉さん!
伊黒小芭内
伊黒小芭内
……!!あなた……
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
えぇ!あなたちゃん!?
氷川
氷川
こんにちは皆さん。さぁ……夜はまだまだこれからですよ?
さぁ行きますよ?
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
……姉さん……
伊黒小芭内
伊黒小芭内
これはみんな心の中の人物だろう。
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
てことは?
伊黒小芭内
伊黒小芭内
首を斬れば消滅するはずだ。
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
でも……あなたのこと斬ることになっちゃう!
伊黒小芭内
伊黒小芭内
あぁ……でも……これは本物ではない。本物はあそこに居るだろう。
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
どうしようどうしよう。
伊黒小芭内
伊黒小芭内
落ち着け甘露寺……
冨岡義勇
冨岡義勇
錆兎……
錆兎
錆兎
義勇……お前はそんなのだから大切なものを守れないんだ。
一方その頃。
亜里沙
亜里沙
……こちらです!
竈門炭治郎
竈門炭治郎
ありがとう!亜里沙ちゃん……善逸!カナヲ!こっちだ!
我妻善逸
我妻善逸
嫌!やだ!なんで?怖い怖い!
竈門炭治郎
竈門炭治郎
あなたの事心配してないの?
我妻善逸
我妻善逸
してるけどね!怖いの!
亜里沙
亜里沙
善逸様そんなお方だったんですね。
カナヲ
カナヲ
……
かちゃん
カナヲ
カナヲ
……こっち……早くしないと、
亜里沙
亜里沙
カナヲ様っ!どういう事ですか?
カナヲ
カナヲ
……あなたが危ない。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
ほら!善逸!
我妻善逸
我妻善逸
やだやだやだやだやだやだ……
竈門炭治郎
竈門炭治郎
よし!善逸置いていこう!
亜里沙
亜里沙
え?いいんですか!?
我妻善逸
我妻善逸
やっぱり行くっ!
カナヲ
カナヲ
……早く……柱も危ない。
亜里沙
亜里沙
(何かの予言者かな?)
そう思っても過言では無い。これが当たってしまうのである。