無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第54話

第41話 御館様の為だから。
氷川
氷川
……共同任務?
御館様は「義勇とペアになって行ってくれ。わかったね。あなた」
氷川
氷川
御意……
御館様、「義勇もだよ?」
冨岡義勇
冨岡義勇
御意……
氷川
氷川
(花街……って)
冨岡義勇
冨岡義勇
花街か……
御館様、「言い忘れてたけどどちらかが女装をして先に潜入してくれ。そしてお客さん側が相手を指名して、調査してくれ。」
氷川
氷川
御意……
冨岡義勇
冨岡義勇
御意。
氷川
氷川
……花街。女装……
冨岡義勇
冨岡義勇
あなたが女装してくれ。
氷川
氷川
え、あっ。うん。
氷川
氷川
でも……
冨岡義勇
冨岡義勇
……では
氷川
氷川
行っちゃった。
氷川
氷川
(久しぶりなのに。こんな話すの。)
冨岡義勇
冨岡義勇
(御館様の為だ。そうだ。……)
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
……冨岡さん。あなたの事避けすぎですよ。
冨岡義勇
冨岡義勇
そんな事ない。
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
2人とも意地っ張りですね。
冨岡義勇
冨岡義勇
……
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
もしもし 大丈夫ですか?
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
そんなのだから嫌われるんですよ?
冨岡義勇
冨岡義勇
俺は
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
嫌われてない以外でお願いします。
冨岡義勇
冨岡義勇
……
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
……ゆっくりでいいんじゃないですか?
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
それにこんな事なるって前々からわかってたじゃないですか。
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
私から言えることは以上です。
冨岡義勇
冨岡義勇
……
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
では私はこれで
冨岡義勇
冨岡義勇
(わかっていた。か……)
氷川
氷川
義勇さん!
氷川
氷川
伝え忘れてました!あの
冨岡義勇
冨岡義勇
なんだ。
氷川
氷川
あの日の事忘れてください。
冨岡義勇
冨岡義勇
……いつの事だ。
氷川
氷川
では。
冨岡義勇
冨岡義勇
……
人生って上手くいかない。よく分かってた。でも……貴方が居ただけで人生が変わる。そう思っていたから。喧嘩したならまたやり直せばいい。任務で頑張る!そう決めたあなたである。