無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第55話

第42話 あなた達もですか。
氷川
氷川
(宇随さん。宇随さん……どこだよ。もう。)
氷川
氷川
居た……宇随さん入りますよー。
宇髄天元
宇髄天元
よォ!あなた!
氷川
氷川
……炭治郎達もいたんだ。って。
そこには化粧をしたかまぼこ隊が
氷川
氷川
……化粧のセンス無さすぎますよ。
宇髄天元
宇髄天元
そう言えばなんで来たんだ?
氷川
氷川
あぁ……共同任務で花街行くことになって、
竈門炭治郎
竈門炭治郎
あなた!俺たちと一緒!
氷川
氷川
……?炭治郎達も?花街?
氷川
氷川
……一用聞くけど。何歳?
竈門炭治郎
竈門炭治郎
15
我妻善逸
我妻善逸
16
氷川
氷川
……大丈夫なの?
宇髄天元
宇髄天元
いいんじゃねぇか?
氷川
氷川
悪い影響与えない?
宇髄天元
宇髄天元
大丈夫だな。
氷川
氷川
ならいいけど。
氷川
氷川
化粧僕やろうか?
宇髄天元
宇髄天元
いや、これでいいんだ。
氷川
氷川
……終わりだろう。
って事で化粧やる事に。
氷川
氷川
……できた。
宇髄天元
宇髄天元
やっぱり俺様の方が……
氷川
氷川
はいはい。
氷川
氷川
……こっちも急いでるのに。
氷川
氷川
……(これくらいでいいかな?)
宇髄天元
宇髄天元
お前ってやっぱり別嬪だよな。
氷川
氷川
……かぁぁぁ
氷川
氷川
……うるさい。じゃあ……
氷川
氷川
行ってきます!
宇髄天元
宇髄天元
あぁ。気を付けろよ!
炭治郎達と花街へ!さぁ……大丈夫かなぁ。