無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第41話

番外編 メイド喫茶……?
ちーずけーきです……
キメツ学園!書いてみたかったので
学校祭編!キメツ学園は……時々あげます。
それではどうぞ⇊⇊
性逆転メイド喫茶をやることに……
氷川
氷川
……
氷川
氷川
(これ。下着も女性物って……皆そう?スカートだし下スースーする。)
氷川
氷川
いらっしゃいませ!ご主人様!
氷川
氷川
(やだやだやだやだやだやだ……こんなのやだ!もうっ……早く休憩になって!)
冨岡義勇
冨岡義勇
ほう。メイド喫茶だな……
氷川
氷川
せっ……先生ッ!
冨岡義勇
冨岡義勇
なんだその顔。
冨岡義勇
冨岡義勇
そろそろ休憩だろう。
冨岡義勇
冨岡義勇
ちょっと来い。
氷川
氷川
へ?
体育指導員室
冨岡義勇
冨岡義勇
……誰も来ない。大丈夫だ。
冨岡義勇
冨岡義勇
メイドなのだろう?そこに座ってくれ。
氷川
氷川
……義勇さん……
氷川
氷川
やだやだやだやだやだやだ……!
冨岡義勇
冨岡義勇
……何故だ?
冨岡義勇
冨岡義勇
誰も来ない。それに外からは見えない。
ギュッ
氷川
氷川
ひゃぁッ……
冨岡義勇
冨岡義勇
なんだ……これも女物なんだな。
氷川
氷川
やめ……ッ……
氷川
氷川
こッ……ここでは辞めましょう!ふッ……これッ持って帰りますからぁ……
冨岡義勇
冨岡義勇
……約束だからな。
氷川
氷川
コクコク
冨岡義勇
冨岡義勇
ちょっと待て……乱れすぎだ。
氷川
氷川
……義勇さんがやったんですから!
氷川
氷川
……直りました?
冨岡義勇
冨岡義勇
あぁ……
氷川
氷川
では行ってきます!
その後……
家に帰るなり、イチャイチャしていた義勇さんとあなたのであった。