無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

第14話 この2人は……
本部に連れてかれた炭治郎と禰豆子。
氷川
氷川
(会議かぁ。めんどくさい。)
氷川
氷川
てか……まずい。
冨岡義勇
冨岡義勇
俺があなたと行く。
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
いいえ。私とですよ。
氷川
氷川
(なんか争ってるし。)
氷川
氷川
僕はどっちも好きだから!どっちでもいいよ!(ニコニコ)
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
そっ、そんなこと急に言わないでくだい。心臓に悪いです。好きだなんて……
冨岡義勇
冨岡義勇
好き……か
氷川
氷川
へ?怒られた!?なんでっ!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
いざ勝負です。冨岡さん。
冨岡義勇
冨岡義勇
あぁ
氷川
氷川
ちょっ、ちょっと!ダメっ!刀はダメっ!
ジャンケンすることに。
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
負けてしまいました。
冨岡義勇
冨岡義勇
では行くぞ。あなた
氷川
氷川
うん!
氷川
氷川
(ここで隊律違反されてもね。)
その後
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
チッ
冨岡義勇
冨岡義勇
俺は悪くない。
氷川
氷川
ははは……
なんだかんだで仲が良い2人。この後ずっと舌打ちされ続けた義勇さんであった。