無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第68話

第50話 無理矢理にでも
氷川
氷川
無惨!?
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨
メイドのとき以来だね?あなた…
氷川
氷川
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨
あの時は何も言わず出て行ったから心配したんだよ?
氷川
氷川
うるさい。
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨
まぁ、今日来たのは返事を聞きに来たんだ。
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨
あなた。私と結婚してくれるかい?
氷川
氷川
嫌だ。お前みたいな鬼、見たくないっ。
冨岡義勇
冨岡義勇
あなた…
氷川
氷川
僕は…お前よりも素敵な人と結婚するのっ!
氷川
氷川
それもっ!女の子がいいっ!(時と場合による。)
冨岡義勇
冨岡義勇
…女性がいいのか…
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨
私は女性もなれる。どうだ?
氷川
氷川
…そんなんで「いいですよ。」とでも?
氷川
氷川
僕…好きな人が居るからっ!付き合ってるから!
氷川
氷川
お前とはおしまいっ!
氷川
氷川
てかっ!付き合ってないのに急に結婚なんてしませんからっ!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
(あなたがキレてる。めずらしい…)
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨
そうか、結婚以前の問題か。
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨
私と付き合ってくれ。
氷川
氷川
お前、話聞いてないだろう。
氷川
氷川
僕は大切な人が居るのって何回も…
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨
では、無理矢理にでも。
氷川
氷川
はっ?無理やりって…!?んッ!
チュッ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
…無惨。あなたに手を出していいのは冨岡さん以外ですからね。
冨岡義勇
冨岡義勇
なぜ駄目なのだ。
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
嫌われていますからね。冨岡さんは。
冨岡義勇
冨岡義勇
俺は嫌われていない。あなた今助ける。
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨
そんなことしていいのか?柱?
氷川
氷川
…死ね、
その瞬間、足を高く上げたあなた。
どうなったかは察してあげてください。
氷川
氷川
雪の呼吸拾壱の型 雪桜
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨
…又の機会に返事を聞こう…
氷川
氷川
…ふぅ。
冨岡義勇
冨岡義勇
あなた!
ギュッ
氷川
氷川
ヒャッぎ、義勇さん‥?
冨岡義勇
冨岡義勇
ありがとうな…
氷川
氷川
氷川
氷川
(あれ?なんか感謝されることした?)
今のあなたには何か分からないのであった。
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
それより!お館様に報告しなければいけません!
冨岡義勇
冨岡義勇
さ、帰るぞ。
氷川
氷川
ん?ちょちょちょちょちょ…
氷川
氷川
待って!なんでー!?
お姫様抱っこされているあなた
冨岡義勇
冨岡義勇
ただしたいだけだ。許してくれ。
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
死にたいんですね冨岡さん…
氷川
氷川
ダレカタスケテーー!
本部までこの状態であり、他の柱に義勇さんは怒られていた。
ちなみにしのぶは舌打ちばっかりしていた。