無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第24話

第19話 一緒に浅草へ。
みんなが非番の日買い物へ誘われた。
氷川
氷川
ん?買い物?
竈門炭治郎
竈門炭治郎
うん!必要なものとか、誰かにあげようとしてた物とか買いに行こうと思って
氷川
氷川
(確かにいいかもしれない。誕生日誰かいた気がするし……)
氷川
氷川
わかった。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
じゃあ浅草行こうか。
我妻善逸
我妻善逸
怪我がやっと治ったし……それにあなたがいるから嬉しすぎるよ!!
氷川
氷川
それは良かったことで……
竈門炭治郎
竈門炭治郎
そういえば何買うの?あなた
氷川
氷川
えっと。藤の花のお香かな?
竈門炭治郎
竈門炭治郎
?なんで?
氷川
氷川
んーと。
氷川
氷川
鬼を引き付けやすいらしくて……
我妻善逸
我妻善逸
それって……
冨岡義勇
冨岡義勇
……
スッ
我妻善逸
我妻善逸
ひやぁぁぁぁ
竈門炭治郎
竈門炭治郎
うるさいぞ!
冨岡義勇
冨岡義勇
それ以上言うな。
氷川
氷川
氷川
氷川
てかなんで義勇さん居るの?
竈門炭治郎
竈門炭治郎
あぁ……言ってなかった
竈門炭治郎
竈門炭治郎
えっと。買い物行きませんか?ってこの前会った時言ったらたまたま日にちがあったんだって
氷川
氷川
へぇー
氷川
氷川
あっ。藤の花のお香買って来るっ!
冨岡義勇
冨岡義勇
……行ったな。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
んで、善逸。
我妻善逸
我妻善逸
ん?
竈門炭治郎
竈門炭治郎
さっき言ってたのは?
我妻善逸
我妻善逸
あぁ……あなたのこと?
我妻善逸
我妻善逸
鬼を引き付けやすいのは《稀血》の人なんだ。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
《稀血》?
冨岡義勇
冨岡義勇
……
竈門炭治郎
竈門炭治郎
??
我妻善逸
我妻善逸
まぁ藤の花の匂いが嫌いな鬼を寄せ付けないために藤の花のお香なんだろうな。
冨岡義勇
冨岡義勇
……
竈門炭治郎
竈門炭治郎
冨岡さん?どうしました?
冨岡義勇
冨岡義勇
何でもない。
冨岡義勇
冨岡義勇
……我妻。その事あなたには言うなよ。
我妻善逸
我妻善逸
なんでですか?
冨岡義勇
冨岡義勇
色々とあるからだ……
氷川
氷川
何が色々なんですか?
冨岡義勇
冨岡義勇
……!!あなた
氷川
氷川
何驚いてるんですかぁ。あっ。言ってた藤の花のお香ちゃんと買ってますよ?
冨岡義勇
冨岡義勇
お前を守るためだからな。怠るなよ。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
(あっ。優しさの匂いがする。)
我妻善逸
我妻善逸
(幸せな音がする……)
氷川
氷川
僕の用事は終わったよ?
竈門炭治郎
竈門炭治郎
あっ!俺!浴衣買わないといけないんだっ!
氷川
氷川
浴衣!いいね。僕も買おうかな?
我妻善逸
我妻善逸
じゃあ俺も買う!
竈門炭治郎
竈門炭治郎
んじゃみんなで買いましょうね。冨岡さん。
冨岡義勇
冨岡義勇
あぁ
氷川
氷川
(いつかお泊まり会したいなぁ。)
そんなことを夢に描きつつ、買うあなたなのであった。