無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第28話

第22話前編任務中に……
氷川
氷川
はぁ……
氷川
氷川
(ついに任務だ……メイドとして……男じゃない……今は女だっ!集中……集中……)
花街の女性
花街の女性
貴方が新人さん?
氷川
氷川
はい……
花街の女性
花街の女性
可愛いわね!あっ!でも……
氷川
氷川
花街の女性
花街の女性
藤の花の香りがするわね。
氷川
氷川
へ?あっ。ダメなんですか?
花街の女性
花街の女性
えぇ……ご主人様が苦手らしいのよね……
氷川
氷川
(苦手?まさか……)
氷川
氷川
そうなんですか……ちょっと外せそうにないです……ごめんなさい……
花街の女性
花街の女性
いえいえ!ご主人様に聞いてみましょうか!
氷川
氷川
はっ……はい!
部屋にて
コンコン
花街の女性
花街の女性
ご主人様失礼致します……
花街の女性
花街の女性
ご主人様。ご相談が……
氷川
氷川
……!!
キャッ
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨
勝手に入ってくるなと言っただろう。
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨
ん?
氷川
氷川
……(鬼舞辻!)
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨
おやおや君が……
氷川
氷川
……近づくな……鬼舞辻……
花街の女性
花街の女性
ご主人様……?
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨
お前は少し黙っていろ……
花街の女性
花街の女性
はい。
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨
……あの話の返事かな?
氷川
氷川
は?そんな訳。
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨
じゃあ住み込みで働くのかね?
氷川
氷川
……へ?
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨
……試しに1週間だけ居てくれ、人手が足りなくて困っているんだ。
氷川
氷川
1週間ですね。1週間だけだから……
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨
あぁ
キッチン
氷川
氷川
それで何をすればよろしいですか?
花街の女性
花街の女性
んーと……
花街の女性
花街の女性
料理してもらおうかしら……栄養を考えて貰いつつね。
氷川
氷川
わかりました……じゃあ買い物行ってきますね。
花街の女性
花街の女性
よろしくね。
そんなこんなで5日たった。