無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

第1話 これでいいのか?
氷川
氷川
(柱としてこのままでいいのかな?力ないし……結構やばいのでは?今は楽しいけど……これからが不安になってくる。)
ギュッ
宇髄天元
宇髄天元
よぉあなた
後ろから天元が抱き着いてきた
氷川
氷川
どうしたの?天元
宇髄天元
宇髄天元
そろそろ俺の嫁になる気になったか?
氷川
氷川
は!?なるわけないじゃん!第一おっ……男だよ?
ニヤッ
宇髄天元
宇髄天元
照れんなって。それに恋愛に性別なんて関係ねぇーの。
氷川
氷川
(確かに今の僕は顔が赤いと思う。自覚しかない。それにイケメンだしぃ。)
グイッ
時透無一郎
時透無一郎
いくら宇髄さんでも、あなたは渡さないよ?
氷川
氷川
無一郎くん。
氷川
氷川
(なにこれ。2人の柱に取り合いされてるんだけど。)
宇髄天元
宇髄天元
てめぇみたいなガキがあなたの相手務まるのかぁ?
時透無一郎
時透無一郎
アンタよりはあなたのこと満足させれる自信はあるかな?
宇髄天元
宇髄天元
んだとコラ
氷川
氷川
(あぁーどうしよう。火花バッチバチしでるよォ。僕じゃ止められないし……)
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
あらあら2人ともあなたが困惑してますよ?そんなことしてたらあなたに嫌われますし、冨岡さんに取られますよ?
……
氷川
氷川
(大人しくなった……)
氷川
氷川
あっ!しのぶありがとう!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
いいですよ。これくらい。いつでも頼ってくださいね。
氷川
氷川
(しのぶは優しいなぁ。僕もなんかお礼しなくちゃなぁ。)
_____________
ご視聴ありがとうございます!ちーずけーきですっ!
1話は天元と無一郎が取り合うシーンです。
しのぶがさらっと言いましたが冨岡さんも取り合う仲なんですよね。どう登場するのか楽しみにしててくださいね。
ではまた次回会いましょう。