無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第39話

第29話 記憶喪失
氷川
氷川
……記憶喪失?
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
はい。鬼のせいですから。
氷川
氷川
鬼?
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
私たち《鬼殺隊》は鬼を滅する組織です。
氷川
氷川
鬼殺隊?
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
あなたもその中の《雪柱》ですよ?
氷川
氷川
雪柱?
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
一気に教えても余計分からないですよね。
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
時間を置いてゆっくり教えていきましょう。
氷川
氷川
あのっ!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
なんですか?あなた
氷川
氷川
貴方のお名前は?
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶと申します……
氷川
氷川
しのぶさん。
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
はい?
氷川
氷川
色々と教えてくださりありがとうございます。
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
いえいえこれくらい。
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
また頼ってくださいあなた
氷川
氷川
わかりました……
移動中
氷川
氷川
あっ。あの時の……
冨岡義勇
冨岡義勇
あぁ……大丈夫か?
氷川
氷川
はい!
氷川
氷川
(なんだこれ。胸が苦しい……ドキドキしてる?)
冨岡義勇
冨岡義勇
どうした。顔が赤いぞ。
氷川
氷川
大丈夫です!
氷川
氷川
……お名前聞いてもいいですか?
冨岡義勇
冨岡義勇
冨岡義勇だ。
氷川
氷川
冨岡さん……
冨岡義勇
冨岡義勇
どうした。
氷川
氷川
あのっ!
氷川
氷川
好きな人とか……
冨岡義勇
冨岡義勇
……いるぞ
氷川
氷川
……!
冨岡義勇
冨岡義勇
では失礼する。
氷川
氷川
(好きな人いるんだ。多分このドキドキは違うのかもしれない。)
好きなんて思いたくない。だってこの前の事がよぎってしまう。という気持ちはふわふわとどこかへ行ってしまった。記憶喪失とは嫌なものだか……良かったと思うこともあるかもしれない。でもやだよ……義勇さんのこと思い出せないのは悲しい。