無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

第12話 救世主登場。
累
君最っ高だよ!君の優しさと強さは本物だ!きっといい絆が結べるよ!
氷川
氷川
(えっ?気に入られてる?うげぇ。)
氷川
氷川
ごめんなさいっ!僕は鬼にはなれない。もう人間と絆を結んでるから、
気配が変わる。
累
君は絶対鬼にする。
氷川
氷川
嫌っ!絶ッ対嫌っ!それに炭治郎!いるんでしょ!?助太刀してっ!
竈門炭治郎
竈門炭治郎
いつから?
氷川
氷川
悲鳴のところからでしょ?優しいから。
氷川
氷川
(あっ。照れてる。可愛い。それどころじゃない。)
氷川
氷川
あっ!
氷川
氷川
(炭治郎の日輪刀がっ!)
竈門炭治郎
竈門炭治郎
禰豆子……
累
欲しい。
氷川
氷川
(ん?要求してきたよ?)
その時だった。
氷川
氷川
(あっ。動けない。柱なのに。てかこの吊るし方やばいでしょ?)
氷川
氷川
(ヒノカミ神楽か。初めて見る。十二鬼月だから無理かぁ。)
氷川
氷川
(あっ!義勇さん!)
冨岡義勇
冨岡義勇
俺が来るまでよく耐えた。あとは任せろ。
氷川
氷川
(いつ見てもかっこいいなぁ。…………忘れられてる?)
ジーッ
冨岡義勇
冨岡義勇
あなた……その姿は?
氷川
氷川
鬼のせいなの!決して僕の趣味じゃないっ!(涙目)
義勇さん目元隠し悶え始めた
氷川
氷川
へ?どうしたの?
冨岡義勇
冨岡義勇
可愛い過ぎしんどいお前
氷川
氷川
(解せぬ。)
下ろしてもらいお姫様抱っこされるあなたであった。
氷川
氷川
(歩けるのにっ!)
________________________
ちーずけーきです!このシーンの義勇さんカッコよすぎっ!アニメで感動しました!「凪」(イケボ)あぁぁぁ。
(´ρ`*)コホンコホン失礼しました。今回は義勇さんに最後お姫様抱っこされるっていう終わりでしたが、次回はみんなと合流します!あの迷言もっ!お楽しみに。
ちーずけーき